ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、AOSPの課題追跡システムをIssue Trackerに移行すると発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は 4 月 14 日、Android Open Source Project(AOSP)におけるバグ報告や機能追加リクエストを追跡できる課題追跡システムの機能を新しい Issue トラッカーに移行させることを発表しました。これまで AOSP の課題報告や追跡は code.google.com/p/android/issues で展開されてきましたが、それを、他の Google プロダクトと同様の Issue Tracker に移行し、新しい Android Public Tracker コンポーネントとして取り扱うようにしました。これは Google 内部で使用しているツールを外部に公開して、開発中の Android に関するバグや機能追加のリクエストを追跡可能にしたものです。これにより、外部の開発者と Android の製品チームとの間でよりスムーズな情報のやり取りが可能になると言われています。まずは、Android O Developer Preview のフィードバックを収集するために Android Public Tracker を使用しています。Source : Google

■関連記事
Nexus 5XのRAMを4GBに倍増する改造が可能
Galaxy S8 “Active”の噂が浮上
Xperia用ギャラリーアプリ「アルバム」にカメラロールが追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。