体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日産 キューブ狙いの人が、中古車まで視野に入れた方が良い3つの理由

▲その名のとおり、カクカクの見た目が印象的な日産 キューブ。男女を問わず人気の高いモデルです

▲その名のとおり、カクカクの見た目が印象的な日産 キューブ。男女を問わず人気の高いモデルです

個性的なフロントフェイスに、角がとれたスクエアフォルム。平凡なようで非凡。でも決して角が立つわけではないオリジナリティとユニークさがある日産 キューブ。

その独特の存在感と抜群の使い勝手で、発売から独自のポジションを築いてきたモデルです。

現行型は2008年に誕生。発売からはや10年が経とうとしていますが、最近でもテレビCMが放映されるなど注目度は衰えていません。

そんなキューブですから、今まさに愛車の候補としてお考えの方も多くいらっしゃるでしょう。そんな方には、ぜひ中古車も視野にいれてご検討いただきたい! なぜなら、キューブこそ中古市場に目を向けることで、より満足のいく車選びができるモデルだからです。

今回は、その理由をご説明します。

▲現行型キューブ。横から見るとスクエアボディが際立ちますね

▲現行型キューブ。横から見るとスクエアボディが際立ちますね

理由①:ちょっとずつ違う「顔」

前段で述べたとおり、キューブの魅力は個性的なデザイン。個性を感じるポイントは各所にありますが、より影響力を発揮しているのはフロントフェイスでしょう。

現行モデルは、サングラスをしたブルドッグがモチーフ。独特のユルさで「ブサカワ」な顔は、何ともいえない愛らしさ。

▲こちらが現行型キューブのフェイス。言われてみれば、サングラスをかけたブルドックに見えませんか?

▲こちらが現行型キューブのフェイス。言われてみれば、サングラスをかけたブルドックに見えませんか?

一方で、ひとつ旧型の2代目もまた、ちょっと違った愛らしさを持つ顔なのです。しかも2代目は、前期型(2002年10月~2005年4月まで生産)と中期型(2005年5月~2006年12月生産)と後期型(2007年1月~2008年10月生産)でヘッドランプ・グリルまわりにちょっとした違いが。わずかな違いではありますが、デザインが際立つモデルなだけに、選ぶ決め手としては大きな分岐点になりえます。

ちなみに、マーチをベースにした初代は、デザインの方向性が違うので並べて検討する必要はないでしょう。しかし、ボディ形状や大枠のコンセプトが現行型と大差ない2代目は、細かいデザインのバリューを求めるという意味でも検討に入れる価値アリです。

もちろん、内装や機構などは2代目と現行型で差がつく部分ではありますので、エクステリア以外の優先度が高い方には余計なお世話かもしれませんが、現行型の外観に惚れて購入を検討している方なら、2代目のデザインも好きな部類に入るはず。

むしろ、2代目の方がより好み、なんて方もいるかもしれませんので現行型の新車だけでなく、世代を超えて中古車を検討してみるのも悪くないでしょう。

▲向かって左から、前期型(2002年10月~2005年4月まで生産)、中期型(2005年5月~2006年12月生産)、後期型(2007年1月~2008年10月生産)。後期型にはLED式リアコンビランプが採用されています

▲向かって左から、前期型(2002年10月~2005年4月まで生産)、中期型(2005年5月~2006年12月生産)、後期型(2007年1月~2008年10月生産)。後期型にはLED式リアコンビランプが採用されています

理由②:現行型の低走行車でもかなり買い値

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。