体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅の上級者にこそ楽しんでほしい、ニューオーリンズ。

旅の上級者にこそ楽しんでほしい、ニューオーリンズ。

賑やかなジャズの生演奏に、フランスやスペイン植民地時代の名残を残す建築、バーガーやピザとはまったく異なる独特の食文化といった、ユニークな文化要素で有名なアメリカ南部の町、ルイジアナ州ニューオーリンズ

朝ごはん代わりにウィスキーカクテルを飲む人の姿も、そう珍しくはないこの地域。バーボンストリートを中心とするフレンチクオーター周辺でウロウロしておしまいという人も多いけれど、この町の醍醐味はそんなものではないんです。

ベタな観光客と差をつけるべく、上級者風にニューオーリンズを楽しみたい方は、まずはこの記事に目を通してみてください。

EAT

旅の上級者にこそ楽しんでほしい、ニューオーリンズ。

レストラン「コション」

ニューオーリンズはゆったりペースで楽しむのが流儀。まずはアップタウンへ足を延ばして、「ジャック=アイモス」で食事。予約を受け付けないカジュアルなこのレストラン。長い時は2時間待ちなんてこともあるけれど、エビとワニ肉ソーセージのチーズケーキ(といってもデザートではなく、キッシュのようなメインディッシュなのでご心配なく)は、待つ価値あり。

もっとアプローチしやすいメニューで始めたい人は、気取らない「ドミリーセズ」で、ビールとフライドオイスターとフライドシュリンプのポーボーイ・サンドイッチもいいかもしれません。アップタウンをさらに進み、ブラックパール地区の「クーター・ブラウンズ」で超新鮮な生牡蠣という手もアリ。

食事するのはお洒落な空間がいいという人は、味もスペースもお墨付きの「コション」へ。倉庫を改造したスペースで、豚肉を中心としたニューオーリンズ独特のケイジャン料理を味わって。広々とした店内は、グループにもぴったり。

デザートは1939年創業の「ハンセンズ」でスノーコーンならぬ「スノーブリッツ」にトライ。外観はちょっとびっくりするぐらい地味な店だけれど、毎日店内で作られるアイスクリームは素朴で満足度大。または、カウンター席オンリーの老舗ダイナー「カメリア・グリル」で、アメリカ南部定番のピーカンパイを頰ばるのもグッドアイデア。

Hotel 01.
W NEW ORLEANS — FRENCH QUARTER
旅の上級者にこそ楽しんでほしい、ニューオーリンズ。

地区:フレンチ・クオーター

チェーンホテルとはいえ、「W ニューオーリンズ:フレンチクオーター」は、変な目立ち方をしないよう、このエリアの伝統的な景観に気を使った建物。鉄細工やチャーミングなランプ、観葉植物といった要素を上手に取り入れて、ニューオーリンズならではのロマンチックな雰囲気を演出しています。この町で気兼ねなく飲んで遊びたい人も、ここなら(さすがチェーンとあって)頼れるサービスがあるから怖いものナシ。

しかも館内レストランは、町の老舗「コマンダーズ・パレス」の姉妹店なので、飲み始める前の腹ごしらえも美味しく楽しめそう。

→詳しくはこちら

DRINK

旅の上級者にこそ楽しんでほしい、ニューオーリンズ。
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。