体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ご飯がススム! 台湾のおふくろの味、「魯肉飯」を作ってみる

ご飯がススム! 台湾のおふくろの味、「魯肉飯」を作ってみる f:id:Meshi2_IB:20170316154613j:plain

最近、ゆきちゃめゴンは台湾にはまっています。

もちろん最大の関心事は食べること。観光なんて一切せずにひたすら食べ歩いているのですが、本当に台湾はおいしいものが多い国なんです。

数あるおいしいものの中でも、一番気になって日本でも作ってみているのが「魯肉飯(ルーローハン)」。台湾のおふくろの味とも言われる料理です。

今回は、この「魯肉飯」を作ってみます

f:id:uralatokyo:20170302132334j:plain

材料はこんな感じ (小さめのお茶碗に3〜4杯分くらい) 豚バラ肉 200g しょうが、にんにく 各一かけ 八角 1個 ごま油 適量 醤油 大さじ1と1/2 砂糖 大さじ1と1/2 酒 大さじ1 酢 小さじ1 水 250cc

ポイントは八角で、これを入れるとキッチンにふわぁ〜っと中華の香りが漂ってきます。

油はごま油がおすすめですが、なければサラダ油でもOK!

あれば追加でいれるとよいもの

f:id:Meshi2_IB:20170316154831j:plain

最初の材料だけでも十分なのですが、さらにオプションとして オイスターソース 小さじ1(その分少し醤油を少なめにしてください) フライドオニオン 大さじ2〜3 ゆで卵

も入れると、なおおいしくなります。

もちろん私は卵大好きなので入れます! 必ず!

フライドオニオンは入れると味にコクと深みが出ます。

オイスターソースは中華度がアップします。

豚肉、にんにく、生姜を切る

f:id:Meshi2_IB:20170316155000j:plain

今回は豚バラをブロックで買ったので、1cm角ぐらいに切りました。

豚肉はブロックが一番食感も楽しめるのでおすすめではありますが、薄切りのものでもいいし、ひき肉でも作れます。

お好みのものでどうぞ!

あとは、にんにく、生姜もみじん切りにしておききます。

まずは炒める

f:id:Meshi2_IB:20170316155235j:plain

鍋に油をひいたら、弱火で焦げないようににんにくと生姜を炒めます。

f:id:uralatokyo:20170302133757j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。