ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ご飯がススム! 台湾のおふくろの味、「魯肉飯」を作ってみる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ご飯がススム! 台湾のおふくろの味、「魯肉飯」を作ってみる f:id:Meshi2_IB:20170316154613j:plain

最近、ゆきちゃめゴンは台湾にはまっています。

もちろん最大の関心事は食べること。観光なんて一切せずにひたすら食べ歩いているのですが、本当に台湾はおいしいものが多い国なんです。

数あるおいしいものの中でも、一番気になって日本でも作ってみているのが「魯肉飯(ルーローハン)」。台湾のおふくろの味とも言われる料理です。

今回は、この「魯肉飯」を作ってみます

f:id:uralatokyo:20170302132334j:plain

材料はこんな感じ (小さめのお茶碗に3〜4杯分くらい) 豚バラ肉 200g しょうが、にんにく 各一かけ 八角 1個 ごま油 適量 醤油 大さじ1と1/2 砂糖 大さじ1と1/2 酒 大さじ1 酢 小さじ1 水 250cc

ポイントは八角で、これを入れるとキッチンにふわぁ〜っと中華の香りが漂ってきます。

油はごま油がおすすめですが、なければサラダ油でもOK!

あれば追加でいれるとよいもの

f:id:Meshi2_IB:20170316154831j:plain

最初の材料だけでも十分なのですが、さらにオプションとして オイスターソース 小さじ1(その分少し醤油を少なめにしてください) フライドオニオン 大さじ2〜3 ゆで卵

も入れると、なおおいしくなります。

もちろん私は卵大好きなので入れます! 必ず!

フライドオニオンは入れると味にコクと深みが出ます。

オイスターソースは中華度がアップします。

豚肉、にんにく、生姜を切る

f:id:Meshi2_IB:20170316155000j:plain

今回は豚バラをブロックで買ったので、1cm角ぐらいに切りました。

豚肉はブロックが一番食感も楽しめるのでおすすめではありますが、薄切りのものでもいいし、ひき肉でも作れます。

お好みのものでどうぞ!

あとは、にんにく、生姜もみじん切りにしておききます。

まずは炒める

f:id:Meshi2_IB:20170316155235j:plain

鍋に油をひいたら、弱火で焦げないようににんにくと生姜を炒めます。

f:id:uralatokyo:20170302133757j:plain

香りが出てきたら、豚肉を投入してさらに炒めます。

f:id:Meshi2_IB:20170316155524j:plain

八角も入れて少し炒めます。

あとは煮るだけ!

f:id:uralatokyo:20170302134034j:plain

豚肉の表面に焼き目がついたら、あとは調味料と水を入れて煮るのみ。

簡単です。

f:id:uralatokyo:20170302134112j:plain

ゆで卵やフライドオニオンも入れたい方はこのタイミングで投入。

この段階では水分が多いのでは? と思うかもしれませんが、どんどん煮詰まってくるので大丈夫です。また、少し汁気が多めに残っていたほうがつゆだくで食べられておいしいのです。

あとはひらすら弱火で40分ぐらいコトコト煮詰めていきます。

f:id:uralatokyo:20170302134356j:plain

40分後、こんな感じです。

お い し そ ー。

また台湾に行きたくなる味!

f:id:Meshi2_IB:20170316155800j:plain

では、炊きたてご飯にのせていただいてみます!

濃い味と、柔らかくなった肉の食感がなんともいい感じ。

ベースは日本人も好きな味なんだけど、八角やオイスターソースのおかげでちょっと中華風というのがなんとも新鮮です。

これは確実にご飯泥棒ですね。

今回作った分量は普通のお茶碗で食べたとしてだいたい3〜4杯分ぐらいはあります。台湾では、日本の丼のような大きなサイズではなく、子ども用みたいな小さい器で食べることが多かったです。

f:id:uralatokyo:20170302233023j:plain

▲写真は、台湾で食べた「魯肉飯」です

翌日はさらに味が染みておいしくなっていますので、何日かかけてゆっくりご飯のおともに楽しむのもいいと思います。

ぜひぜひ、「魯肉飯」でおいしくたくさんご飯を食べてください!

書いた人:ゆきちゃめゴン

ゆきちゃめゴン

食べることばかり考えています。弱いのにお酒も好きです。ふだんはエディトリアル系を中心にDTPデザイナー。東京の下北沢?渋谷あたりで生きています。万年ダイエッターでしたが、最近痩せることをあきらめました。Small Happy Thingsというサイトにも参加中。 ウェブサイト:Small Happy Things 小さな幸せについて考えるサイト

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

レアな日本酒をいろいろ飲めるのに、全然ハードルが高くないお店【ヒョイ飲み】
簡単すぎる! メンドーな「玉ねぎをアメ色になるまで炒める」が5分で出来てしまう裏ワザ【便利】
住みたい街ランキングの常連、恵比寿のお店に詳しくなってモテる【まとめ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。