ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ピックアップが大人気【2017バンコクモーターショー】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲モーターショーの会場となる、バンコク北郊のイベント施設、インパクトムアントンタニ。タイ前国王逝去による自粛ムード、景気の鈍化など、自動車販売における気になる点も多い

▲モーターショーの会場となる、バンコク北郊のイベント施設、インパクト・ムアントーンターニー。タイ前国王逝去による自粛ムード、景気の鈍化など、自動車販売における気になる点も多い

タイの若者に大人気、ピックアップ、SUVを紹介

2017年3月29日から4月9日まで、タイのバンコクで開催された、バンコクインターナショナルモーターショー2017。すでに日本の盛夏と同様の気温と湿度のバンコクで、我々が見たものは、ピックアップトラックとSUVの豊富なラインナップであった。

▲日産の注目は、ナバラ キングキャブブラックエディションだ。展示車のスペックボードによると、キングキャブのCALIBRE Eというグレードがベースのようだ。ブラックと銘打っているがレッドとブラック、2種類の外板色が用意されていた。エンジンは、2.5Lディーゼルで6速MTが組み合わされる

▲日産の注目は、ナバラ キングキャブブラックエディションだ。キングキャブのCALIBRE Eというグレードがベースのようだ。ブラックと銘打っているがレッドとブラック、2種類の外板色が用意されていた。エンジンは2.5Lディーゼルで、6速MTが組み合わされる

▲いすゞのピックアップトラック、D-MAXは彼の地では人気のモデルだ。写真は、セミキャブ仕様のXシリーズ スペースキャブスピードというモデル。ブラックのボディカラーに、シルバーと赤のストライプ、赤いチンスポイラーなど、見た目のインパクト大

▲いすゞのピックアップトラック、D-MAXは彼の地では人気のモデルだ。写真は、セミキャブ仕様のXシリーズ スペースキャブスピードというモデル。ブラックのボディカラーに、シルバーと赤のストライプ、赤いチンスポイラーなど、見た目のインパクト大

▲シボレー トレイルブレイザーの兄弟車にあたるSUVが、いすゞ mu-Xだ。2017年2月にフェイスリフトが実施され、新意匠のグリルや木目パネルが施された室内など、内外装の質感が向上。注目を集めていた。エンジンは1.9Lガソリンと3Lのディーゼルターボ

▲シボレー トレイルブレイザーの兄弟車にあたるSUVが、いすゞ mu-Xだ。2017年2月にフェイスリフトが実施され、新意匠のグリルや木目パネルが施された室内など、内外装の質感が向上し、注目を集めていた。エンジンは1.9Lガソリンと3Lのディーゼルターボ

▲日本市場からは撤退してしまったが、ホンダ CR-Vの5代目が北米に続いて、タイ市場でデビューを果たした。3列7名乗車レイアウトが採用される。2.4L 直4ガソリンと1.6L 直4ディーゼルターボが用意される。今後は中国市場など順次5代目へと切り替わるだろう

▲日本市場からは撤退してしまったが、ホンダ CR-Vの5代目が北米に続いて、タイ市場でデビューを果たした。3列7名乗車レイアウトが採用される。2.4L 直4ガソリンと1.6L 直4ディーゼルターボが用意される。今後は中国市場など順次5代目へと切り替わるだろう

▲あのジャガーやランドローバーを擁する、インドのTATA。タイ市場では商用車の販売に特価しているようだ。ピックアップのクセノンは、街中でもよく見かけた。写真は、ダブルキャブ仕様の上級タイプで、レジャービークルとしてのニーズも狙ったもの

▲あのジャガーやランドローバーを擁する、インドのTATA。タイ市場では商用車の販売に特価しているようだ。ピックアップのクセノンは、街中でもよく見かけた。写真は、ダブルキャブ仕様の上級タイプで、レジャービークルとしてのニーズも狙ったもの

▲中国上海汽車グループのMGブランドは、コンパクトSUV、GSを展示。タイに生産工場を構えており、ここから世界各国へと輸出されている。もとは英国ブランドということもあり、中国車であることをカモフラージュしているのだ。1.5Lと2Lのターボを用意

▲中国上海汽車グループのMGブランドは、コンパクトSUV、GSを展示。タイに生産工場を構えており、ここから世界各国へと輸出されている。もとは英国ブランドということもあり、中国車であることをカモフラージュしているのだ。1.5Lと2Lのターボを用意

▲シボレーは、コロラドピックアップシリーズの頂点にくる仕様として、ハイカントリーを発表。価格も提示された。2.5Lの直4ターボディーゼルを搭載し、4×2モデルが102.8万バーツ(約308万円)、4×4が109.8万バーツ(約330万円)。写真の青は新色だ

▲シボレーは、コロラドピックアップシリーズの頂点にくる仕様として、ハイカントリーを発表。価格も提示された。2.5Lの直4ターボディーゼルを搭載し、4×2モデルが102.8万バーツ(約308万円)、4×4が109.8万バーツ(約330万円)。写真の青は新色だ

▲フォードのコンパクトピックアップトラック、レンジャー。2017年のデトロイトショーのプレスカンファレンスで発表された新型レンジャーと同様のものと考えられるが、アメリカの魂的な煽り方で復活が発表されたので、北米仕様はこれとは異なる可能性も

▲フォードのコンパクトピックアップトラック、レンジャー。2017年のデトロイトショーのプレスカンファレンスで発表された新型レンジャーと同様のものと考えられるが、アメリカの魂的な煽り方で復活が発表されたので、北米仕様はこれとは異なる可能性も

▲日本では未発表だが、いま最も期待されている、コンパクトクロスオーバーSUVのアウディ Q2がタイ市場でデビューした。実車はかなり大きい印象を受けた。1.4Lのターボエンジンと7速Sトロニックの組み合わせ。今回、アウディは気合いが入っていた

▲日本では未発表だが、いま最も期待されている、コンパクトクロスオーバーSUVのアウディ Q2がタイ市場でデビューした。実車はかなり大きい印象を受けた。1.4Lのターボエンジンと7速Sトロニックの組み合わせ。今回、アウディは気合いが入っていた

▲ここで番外編。TAKANO AUTOという聞きなれないブランドによるピックアップを紹介しよう。これは、トラックやバンの用品、アクセサリーを手がける、高野自動車用品製作所が作ったもので、1Lガソリンエンジンを搭載したプラグインハイブリッド車だ

▲ここで番外編。TAKANO AUTOという聞きなれないブランドによるピックアップを紹介しよう。これは、トラックやバンの用品、アクセサリーを手がける、高野自動車用品製作所が作ったもので、1Lガソリンエンジンを搭載したプラグインハイブリッド車だtext&photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

フォルクスワーゲン ゴルフ(現行 ゴルフ7)の中古車をチェックしてみる
フォルクスワーゲン ゴルフ(旧型 ゴルフ6)の中古車をチェックしてみる
車両価格200万円以下、走行3万km以下の旧型メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンを探してみる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。