ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

PC・スマホ疲れにマスト?目に優しいルテイン入りコーヒーをメニコンネクトが発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日々、PCに囲まれて仕事をする筆者。プライベートでもスマホで癒し系動画やSNSのモニターを寝る寸前まで見続け、気が付けば“どっぷり”PC・スマホ漬け。もはや中毒といっても良い生活を続けています。

 

近年、眼精疲労にともなう近眼は世界的に増加傾向だそうです。2000年には推定14億600万例だったものが、2050年には47億5800例になり、眼病の約50%になると予測されています。(Ophthalmology誌オンライン版2016年2月11日)

 

人は情報の80%以上を目から取り入れているそう。もしも、目を酷使したために視力を失うことになったならば……。もっと、目の健康に気を使わなければいけませんね。

 

大手コンタクトレンズメーカーのメニコングループ会社であり、主にコンタクトレンズのケア用品などを扱う株式会社メニコンネクトが、近年、増加傾向にある眼精疲労対策の一つとして『LUTEIN&ME(ルテイン&ミー )ドリップコーヒー』を開発。発売に先駆けて、13日に商品お披露目会とアイケアライフセミナーを開催しました。

 

メニコンネクトでは、『メニコネクト アイケア PROJECT』を立ち上げ“いつまでもキレイな瞳で明るく過ごしてほしい”と、目に優しいアイライフスタイルを推進。

 

※特設サイト ※http://meniconnect.co.jp/eyecareproject/

 

同社では、その第一弾商品として職場や自宅で気軽に飲めるドリップコーヒーに、ルテインを配合することで無理なくアイライフスタイルを楽しめる『LUTEIN&ME(ルテイン&ミー )ドリップコーヒー』を考案しました。

 

※『LUTEIN&ME(ルテイン&ミー )ドリップコーヒー』 30P

PC・スマホ疲れに効く!ルテインとは?

ルテインは、マーリーゴールドや緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一種。活性酸素を除去する作用が強いことで知られている抗酸化成分です。また、目の視力をつかさどる部位、黄班部の黄班色素を補う効果があることで知られています。

 

セミナーで講師をつとめた、林田康隆医学博士(Y,sサイエンスクリニック広尾 院長)は「黄班部は、網膜の中心部にあり、特に視力を司る色を見極める視細胞が密集しているため、黄班部に障害をともなうと視力低下を起こす可能性がある」と解説。

 

※左)日比野佐和子先生(Rサイエンスクリニック院長) 右) 林田康隆先生(Y,sサイエンスクリニック広尾 院長)

 

また、一般的に黄班色素は加齢と共に減少する傾向で、減少すると、見ようとするところが見えにくくなる「加齢黄斑変性」の発症につながる場合もあり、欧米では成人の失明原因として珍しくない病気。近年、日本でも増加傾向にあると話しました。さらに、黄班色素にはブルーライトをカットするフィルター効果をがあり、ルテインを摂取することで、PC.スマホの使用増加によるブルーライト疲れの対策に期待がもてるそうです。

 

 

中生脂肪や血糖値、リラックス効果などを求めた機能性コーヒーは他社でも販売されていますが、眼精疲労に注目したのは同社が初めて。味わいのよいアラビカ豆を使用し、風味にこだわったバランスのいい味に仕上げ、一杯で約1㎜gのルテインを摂取できるといいます。

 

林田康隆先生によると、一ヵ月に約10~12㎜gのルテインを摂取することが望ましく、ドリップすることでコーヒー粉末に含まれたルテインをじっくりと抽出して、毎日飲み続けることが好ましいと話しました。

 

女性は目に疲れを溜めがち。日頃のケアを

抗加齢医学専門医の日比野佐和子医学博士 (Rサイエンスクリニック院長)によると、特に女性はスマホに依存する傾向があり、目の疲れを溜めがちだといいます。目の疲れは身体の老化をはやめる原因の一つ。目を大切に労わることは、アンチエイジングにつながるそうです。

 MyAge(マイエイジ) 2017-03-01 発売号
Fujisan.co.jpより

 

「患者さんは大抵の場合、目の機能が衰えてから診察に訪れる。目は唯一、じかに血管を診察できる器官。身体の不調を感じとれる器官でもあるので、目をもっと大切にしてほしい。ブルーライトカットメガネやサングラスをかける。また、マッサージをするなど目の疲労をケアすることが大切です」と話しました。

 

セミナー終了後にメニコンネクト開発担当者にインタビューすると、「コンタクトレンズの医療機器だけでなく、食品など多様な形で美味し、楽しいアイライフスタイル提案できないかと考えています。PCやスマホを使用して疲れた目にはもちろん、ほっと一息、ココロにも身体にも優しい時間を過ごしていただけたら」と話してくれました。

 

※特設サイト http://meniconnect.co.jp/eyecareproject/

 

『LUTEIN&ME(ルテイン&ミー ドリップコーヒー』は、専用サイトにて4月14(金)より発売。店頭販売は4月中旬より順次予定。詳しくは専用HPにて。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。