ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

エーロ・サーリネンの家具、買取価格を推測してみると?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エーロ・サーリネンとは?

null出典:ウィキペディア

ミッドセンチュリーを代表する建築家にして、デザイナー。建築家としての代表作に、ミズーリ州セントルイスにある記念碑「ゲートウェイ・アーチ」やジョン・F・ケネディ国際空港「TWAターミナルビル」。デザイナーとしてMoMAの永久コレクションに加えられている作品も数多く……という、まあ巨人です。インテリアにおける作風は、非常に単純明快、明朗快活な明るさを持っており、そのお陰か今もなお愛され続けているのです。

エーロ・サーリネンの高価買取家具紹介

オーガニック・チェア

null出典:イーコンフォート

エーロ・サーリネンとC・イームズ、ミッドセンチュリーを代表する巨匠2人が共同で発表したのが「オーガニック・チェア」。オーガニックと名乗っているにもかかわらず使用されている主素材は合板という、メッセージ性があるんだかないんだか、よくわからない名作。まあ、そんなことなど唯一無二のフォルムの前では完全に無力化されてしまうわけで、名作らしく数多くのリプロダクトが存在。かつ、これリプロダクトでも定価が5万円程度とかなり高価なんですよね。

買取価格はリプロダクトで~1万円といったところでしょうか?何しろ、オリジナルや正規品の買取実績が見つかりませんから、オークションの落札価格から推測しております。

グラスホッパー・チェア

null出典:チームネット

「ノル(knoll)」社は、サーリネンが手がけた様々なプロダクトを今も製造し続ける正規メーカー。インテリアや住宅の雑誌でも毎号のように取り上げられる、アメリカの名門です。

これは誰が何と言おうとバッタだわ……そんな説得力にあふれたフォルムを持つのが「グラスホッパー・チェア」。座面と背面の絶妙な角度とそれを支える足、そしてモコモコした形状のクッション、誰が見てもバッタ、そんなユニークな形状同様、価格もユニーク。ノル社の正規品だと定価は160万円超(!)、ちょっとこだわっったリプロダクト品でも10万超えはしてきます。

買取価格はオークション落札価格すら引っかかってきませんでした。無理やり推測すると、状態のよい正規品ならば30万円は難しいかなという感触です。

ウーム・チェア

null出典:チームネット

重なりあったクッションがあらゆる姿勢を包み込む。ウーム……とは子宮の意味なのですが、その名の通り安心とリラックスを提供してくれるチェア。MoMAの永久コレクションに所蔵される名品ですが、これも気軽に手を出せる定価が付いていないのが、さすがサーリネン。ノル社の正規品の定価は70万円弱……って正規品を持っている人はどれぐらいいらっしゃるのでしょうか?

オットマン付きで表面はファブリック、飛びぬけて状態が良いとはいえない正規品だと、買取価格は10万円強といったところかと。

チューリップ・チェア

null出典:チームネット

しかしサーリネンの手がけた製品は、コンセプトがそのまんま名前になっているのが多いですね。はっきりしたカラーリングと相まった、わかりやすさというのもミッドセンチュリーの特徴と考えるならば、サーリネンはまさに象徴的なデザイナーと呼ぶことができるでしょう。

この「チューリップ・チェア」もそんなサーリネンらしい作品。形ばかりか、2トーンのものなどチューリップの花弁まんまです。モダンデザインの名品ともよばれ、素材や形状、様々なバリエーションが存在するチューリップチェアですが、現在日本に輸入されているノル社の正規品はFRPの表面をファブリックやレザーで覆ったもの。定価は33万円~と、これまたユニークな価格です。

しかし買取価格は驚くほど安いもの。状態が良い正規品ですら1万円を上回るのは難しそうです。

エーロ・サーリネンの家具を高く買取してもらうコツ

null

つどつど繰返しておりますが、サーリネンなどデザイナー家具を高く売る上でもっとも大切なことは、ショップを厳選することです。通常のリサイクルショップが歓迎しないアイテムの代表が家具、展示面積は食う回転は悪い、となると安い買取にしかなりません。要は、ブランド家具に特化したようなショップを探さなければいけないということです。

エーロ・サーリネンの家具の査定基準

状態の良し悪し、これに尽きます。サーリネンの家具は表面にレザーを使ったものが多いので、気を抜くとすぐに劣化する。こうなると高価買取は望むべくもありません。劣化しないよう日ごろの手入れは怠らない、万が一劣化してしまったならば、リペアも得意なショップを選ぶなど一工夫が必要になります。

おすすめの買取店

カムズファニチャー

null出典:カムズファニチャー

ブランド家具が得意である、豊富な買取実績がHPに掲載されている、リペアも得意としてるなどなど「カムズファニチャー」を利用したくなる理由は多々あります。また、出張・宅配共に全国対応となっていますから、安心して買取申し込みが出来ますね。

エコライフ

null出典:エコライフ

家具全般を幅広く買取しているのはリサイクルショップの「エコライフ」。ブランド家具だけではなく、オフィス家具なども買取対象となっていますから、サーリネンと併せて買取して欲しいアイテムがあれば、気軽に問い合わせてみましょう。

注意点など

null

サーリネンに限らずデザイナーズ家具は遠方のショップを頼らざるを得ない事態になりがちです。そこで注意すべきは発送方法、例えば佐川急便ならば「大型家具輸送サービス」を使用することになり、運賃だけで数万円……送料無料をうたっているショップならば、この分は買取価格に大きく響きます。できることならば、ショップの出張買取を利用すべきでしょう。

まとめ

null出典:GARRET INTERIOR

なんだか不景気な話が多い昨今です。ファッションの世界では不景気には明るい色が売れるとか……そう考えると、サーリネンなどミッドセンチュリー期の家具は、需要が高まっている可能性がありますね。それだけに、一店舗の査定を聞いただけで満足して手放すということは避けたいもの。ひょっとすると、客注が入っていて特別に高く買取しようとするショップもあるかも。ぜひ比較対象の上、最高の買取先を見つけてください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。