体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

移動する腹痛は盲腸かも!盲腸の初期症状と治療法【医師解説】

移動する腹痛は盲腸かも!盲腸の初期症状と治療法【医師解説】
いつもとは違う、移動していく腹痛、それはもしかして盲腸(虫垂炎)かもしれません。

痛みが強くなってから治療をするのではなく、盲腸の早期発見によってできれば負担を軽くしたいもの。

今回は、盲腸(虫垂炎)の症状から、手術を含めた治療法などの解説を医師の大橋先生解説していただきました。

盲腸とは

移動する腹痛は盲腸かも!盲腸の初期症状と治療法【医師解説】

概要

医学的に正しくは急性虫垂炎と呼ばれ、盲腸は大腸と小腸がきりかわる部分の呼称です。

盲腸に付属する直径7ミリ程度の管腔様器官が虫垂であり、虫垂が細菌感染などで炎症が生じると虫垂炎になります。

一般のかたにとっては盲腸(モウチョウ)という言葉のほうが馴染みが深いようですが、盲腸が炎症を起こすというよりはそこに付属する虫垂の炎症が病気の本態なのです。

虫垂は通常、右下腹部に存在し、同じ右下腹部の痛みをきたす病気に結腸憩室炎があります。

女性であれば卵巣の病気や子宮外妊娠なども鑑別されるべきであり一概に右下腹部痛=急性虫垂炎とは限りません。

盲腸の原因

原因は断定されませんが、15人に1人は一生のうちに経験すると言われています。

盲腸の種類

炎症の程度によって〇〇性虫垂炎と呼ばれます。

軽症のものからカタル性、蜂窩織性、壊疽性と言われます。大雑把な概念語であり、医師によってみたては異なります。

盲腸の症状

移動する腹痛は盲腸かも!盲腸の初期症状と治療法【医師解説】

初期

典型的な経過としては上腹部の不快感や痛みが最初に起こります。

胃に付属した脂肪の膜が移動するため、炎症をきたした虫垂を覆うように、痛みが上腹部から右の下腹部に動いていきます。

多くの場合は食欲不振などを伴います。

中期

右下腹の痛みがひどくなり、人によっては救急車を呼ぶほどの激痛となります。

後期

「中期」の状態で放置すると、虫垂が破裂し、腹部全体の炎症となることがあります。

汎発性腹膜炎となれば、高熱や意識障害をきたし、加えて敗血症が続発すると多臓器不全となり、生命の危険もありえます。

盲腸で救急車を呼ぶ痛みや症状の目安

移動する腹痛は盲腸かも!盲腸の初期症状と治療法【医師解説】
救急車を呼ぶことになるまえに「初期」のうちに治療が開始されることが望ましいと考えられます。

中期症状が強く、自力で受診できない場合は救急要請もやむを得ないでしょう。

盲腸になる人とならない人の違い

移動する腹痛は盲腸かも!盲腸の初期症状と治療法【医師解説】
不規則な生活などで免疫力が落ちた状態、バリウムの検査などがリスク因子として疑われていますがはっきりしたことはわかっていません。

盲腸の治療法

移動する腹痛は盲腸かも!盲腸の初期症状と治療法【医師解説】

手術をする場合


虫垂切除術

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。