体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android Tips : WEBサイトへのアクセスを自動的にAMPに切り替える方法

Chrome カスタムタブを活用したブラウザアプリ「Chromer」を使ってメールやアプリに表示される WEB ページのリンクから AMP(Accelerated Mobile Pages)対応の URL を検索し、見つかった場合には AMP ページを開くようにする方法を紹介します。AMP はモバイル WEB の高速化を目指して 2016 年より導入が始まった軽量版 HTML ページのことで、大手のニュースをはじめ、対応サイトは増えてきています。AMP では、従来よりも短時間で WEB ページの表示が完了するのが特徴です。通常、AMP ページを表示するには専用 URL をたどる必要があります。そこで Chromer の「AMP モード」を利用すると、URL が非 AMP の場合でもアプリが AMP 用の URL がないかどうかを検索し、見つかった場合にはフルバージョンではなく AMP バージョンを開きます。Chromer の AMP モードはクイック設定ツールのタイルとして提供されており、タイルの ON / OFF で機能の有効 / 無効を切り替えることができます。Chromer が AMP バージョンを検索する際にわずかなラグが発生します。しかし、WEB ページの読み込みが始まれば瞬時に表示されるので、表示完了までにかかる全体の時間は短縮化できます。Chromer」(Googel Play)

■関連記事
Android Oを搭載したHuawei Mate 9の実機デモ動画
Galaxy S8の購入第一号を目指して韓国人男性がキャリアショップ前で5泊6日の野宿を開始
マルチアングルで確認できる「Mi 6」の実機とされる写真

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会