ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ボウイ出演の『ラビリンス/魔王の迷宮』の続編が計画中、『ドント・ブリーズ』のF・アルバレスが監督

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ボウイ出演の『ラビリンス/魔王の迷宮』の続編が計画中、『ドント・ブリーズ』のF・アルバレスが監督

 2016年に“怖すぎる”と口コミで大ヒットした異色スリラー、『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス監督が、デヴィッド・ボウイが出演した1986年の映画『ラビリンス/魔王の迷宮』の続編を監督することが分かった。アルバレスはジェイ・バスと共同で脚本も執筆する。二人は現在『ドラゴン・タトゥーの女』の続編、『Girl in the Spider’s Web』(蜘蛛の巣を払う女)を進行中で、『ラビリンス』の続編はその後に取り掛かる予定だ。

 『ラビリンス』はジェニファー・コネリー演じる15歳のサラが、デヴィッド・ボウイ演じるゴブリンの王ジャレスにさらわれた弟を救う為、不思議な迷宮に挑むというストーリー。サラと魔王以外はマペットで演じられているこの映画は、『セサミストリート』や『マペット・ショー』のクリエイターとして知られるジム・ヘンソンの最後の監督作品で、製作総指揮はジョージ・ルーカス、脚本はモンティ・パイソンのテリー・ジョーンズが担当した。

 計画中の新作はリメイクやリブートではなく、ヘンソンが作り出した世界で繰り広げられる物語の続編だという。ボウイの魔王は登場しない。

関連記事リンク(外部サイト)

デヴィッド・ボウイの未公開写真も、デヴィッド・ベイリーの日本初展覧会が開催
ボウイ、プリンス、ノトーリアス・B.I.G.など、レコード・ストア・デイ限定リリース作品一覧が発表
デヴィッド・ボウイの記念切手、上空34km超から“地球に落ちて来た”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。