ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドウェイン・ジョンソン、映画『ベイウォッチ』は同テレビシリーズよりも「はるかに淫ら」だと語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 


テレビシリーズ『ベイウォッチ』をスピード感あふれる番組だと思っていたならば、今回はモノキニにしっかりつかまっておこう。

ドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソンは、米劇場公開を控えるリブート版映画『ベイウォッチ』は同名人気テレビシリーズよりも「遥かに淫らだ」と主張する。

プロレスラーから俳優に転向したジョンソンは、「我々は過去のテレビシリーズよりもはるかに淫らだ  ―テレビシリーズは明らかに家族向けの番組だった―   しかし映画では、我々はもっと淫らになることができた」と ザ・サン紙に対して語り、「人々は『Baywatch(原題)』が淫らになったことにショックを受けるだろうが、たくさんの笑いもある」と、続けた。

ジョンソンは、同作には胸や尻、腹筋など肉体の露出が多いことも明かした。

「私たちは肉体の露出が高まるように努力したし、毎分に予想以上の余計な胸や尻、腹筋などが出てくる」「誤解しないでほしいが、あらすじは重要だったが、スローモーションのランニングシーンを処理するのも重要だったのさ」と、加えた。

スーパーボウルの広告とシネマコンでお披露目されたトレーラーの見た目によると、淫らなR指定のコメディ映画『Baywatch(原題)』は、4文字の卑猥な言葉とたくさんの性器に関したジョークに満ちている。

1999年から2001年に放送されたオリジナル版テレビシリーズに出演したデヴィッド・ハッセルホフとパメラ・アンダーソンも同作に登場する。また、明らかにジョンソンを嫉妬させる肉体を持つザック・エフロン、プリヤンカー・チョープラ、ケリー・ロールバッハ(アンダーソンを有名にしたC・J・パーカー役)、アレクサンドラ・ダダリオ(ニコール・エガートが演じたサマー・クイン役)も出演する。

米パラマウント・ピクチャーズによる映画『Baywatch(原題)』は、メモリアルデイの週末初日となる5月26日に米劇場公開する。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。