体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【家飲み専用】つまみの残りのカリカリ梅で「ピンクの焼きおにぎり」【魚屋三代目】

f:id:sakanaya-sandaime:20170409155650j:plain

カリカリ梅の食感としらすとおかかがベストマッチ!

私、無性に焼きおにぎりが食べたくなる時があります。チャチャっと作って食べたいから、具材は簡単に「しらす」と「おかか(かつお節)」。で、そこにカリカリ小梅があれば最高! 刻んで加えて混ぜるとほら、おにぎりが春らしく薄っすらとピンク色になりますよ。醤油を塗って香ばしく仕上げれば、 飲んだあとの〆にもオススメです。

この焼きおにぎりをお椀に入れ、熱々のお出汁をかけたら「焼きおにぎり茶漬け」になります! この食べ方もめっちゃおいしいですよ!!

魚屋三代目の「しらすと梅おかか飯の焼きおにぎり」

【材料】(作りやすい分量)

ご飯 400g しらす干し 80g カリカリ小梅 10粒(包丁で種から身を削ぎ、粗みじん切り) おかか(かつお節) 4〜5g 醤油 大さじ2 みりん 大さじ1 サラダ油 適量 漬物/香の物 お好みで

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20170409155656j:plain f:id:sakanaya-sandaime:20170409155659j:plain

1. ボウルに温かいご飯、刻んだカリカリ梅、おかか(かつお節)、しらす干しを加えてよくかき混ぜます。かき混ぜたご飯を4等分に分けておにぎりを握ります。この時にしっかりと握ることで焼いた時に割れたり、ポロポロと崩れたりするのを防ぎます。醤油とみりんも合わせて醤油ダレを作っておきます。

f:id:sakanaya-sandaime:20170409155701j:plain

2. 今回はオーブントースターを使います。トレイ(天板)にアルミホイルを敷き、サラダ油を塗って1のおにぎりを並べます。温度、ワット数を調節できるタイプならば高音、高ワット数で焼いてみてください。表面が香ばしくカリッと仕上がります。

f:id:sakanaya-sandaime:20170409155704j:plain

3. おにぎりの表面に焼き色が付いてきたら1のタレをハケなどで塗り、少し焼いてからおにぎりを返し、同じように醤油ダレを塗って仕上げます。焼き時間はおにぎりの表面(カリカリ感)、醤油ダレの香りと焼き色を見てお好みで仕上げて下さい。漬物、香の物もお好みで添えてくださいね。

ポイントは表面が軽く焼けるまでは「触らない!」

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。