体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ドント・ブリーズ』のフェデ・アルバレス監督、トライスターによるスピンオフ版映画『ラビリンス/魔王の迷宮』の監督に抜擢

よる

トライスターは、1986年のジム・ヘンソンによる名作映画『ラビリンス/魔王の迷宮』のリメイク版映画という宝石のように輝く仕事を手掛ける監督として、ヒットを飛ばしたホラー映画『ドント・ブリーズ』で最も知られるフェデ・アルバレス監督を選んだ。

アルバレス監督は、監督を務めるリスベット・サランデルの次なる物語を描く映画『The Girl in the Spider’s Web(原題)』の脚本を執筆中のジェイ・バスとともに、リメイク版映画の脚本を共同執筆する。情報筋によると、リメイク版は、開発が進んでいる映画『The Girl in the Spider’s Web(原題)』の次に公開されるようだ。

新しくリメイク版として蘇る映画『ラビリンス/魔王の迷宮』は、トライスター・ピクチャーズとザ・ジム・ヘンソン・コーポレーションによる共同製作となる。リサ・ヘンソンがプロデュースし、ニコール・ブラウンがトライスター側で製作を統括する予定だ。

オリジナル版映画は、幼い弟をどこかに連れ去って欲しいという願いが、故デヴィッド・ボウイ演じるゴブリンの王によって叶えられた後、迷宮を攻略して弟を救うために13時間を与えられた16歳の少女の姿が描かれている。

アルバレス監督は、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、マネージャーであるスチュアート・マナシと代理人契約を結んでおり、バスは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)、42のジョシュ・バーニー、カプラン/ペローネ、弁護士のピーター・ニコルズと代理人契約を結んでいる。このニュースはDeadline Hollywoodが最初に報じた。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会