体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スピッツ「全シングル表題曲+新曲3曲」収録のCD BOX&アルバム16作品のアナログ重量盤リリース

エンタメ
スピッツ「全シングル表題曲+新曲3曲」収録のCD BOX&アルバム16作品のアナログ重量盤リリース

 スピッツの全シングル表題曲に新曲3曲を加えた“年内期間限定出荷”の30周年記念3枚組CD BOX『CYCLE HIT 2006-2017 Spitz Complete Single Collection』が、2017年7月5日にリリースされる。

スピッツ アルバム16作品ジャケットなど

 1987年6月に出会い、同年7月17日にギターの三輪とドラムの崎山の母校・文化服装学院で初ライブを行ったスピッツ。以降、活動休止もメンバーチェンジもすることもなく、アルバムの発表とライブを軸としてマイペースな活動を継続してきた。2006年には、デビューシングル曲「ヒバリのこころ」~15枚目のシングル曲「スカーレット」までを収録した『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』、16枚目のシングル曲「夢じゃない」~30枚目のシングル曲「春の歌」までを収録した『CYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection』、2枚のシングルコレクションアルバムをリリースした。

 今回の『CYCLE HIT』には、過去2枚に収録されていない31枚目のシングル曲「魔法のコトバ」~昨年2016年4月に発売されたシングル曲「みなと」までの全シングル曲、そして「愛のことば-2014mix-」「雪風」といったドラマ主題歌としても話題となった配信限定シングル曲、さらには、現在話題沸騰中の『めざましテレビ』テーマソング「ヘビーメロウ」など、新たにレコーディングをした新曲3曲を加えた全45曲が収録。価格も3,900円というナイスプライス。まさにスピッツ入門編といえるアイテムとなる。

 そして過去2枚の『CYCLE HIT』も2017年最新のマスタリングをして再発売。最新スピッツサウンドを表現する為に、世界最高峰の「Marcussen Mastering」にてリマスタリングを遂行。同じく7月5日に再発売される。

 さらに1stアルバム『スピッツ』~昨年7月に発売された最新アルバム『醒めない』までのオリジナルアルバム15作品に、ミニアルバム『オーロラになれなかった人のために』を加えた全16作品のアナログ盤を、完全受注限定生産商品としてリリース。 音源は全作品をニューカッティング(※15thアルバム『醒めない』を除く)。エンジニアは日本屈指のマスタリングエンジニア小鐡徹。今回は過去発売タイトルとは曲順も変更(CD収録曲順)、ジャケットは30周年仕様のデザインへ一新し、再生クオリティが向上する「重量盤」で発売される。

◎スピッツ-コメント
<草野マサムネ(vo,g)>
前の『CYCLE HIT』をリリースしてから11年、音楽ソフトを取り巻く環境も随分変わりました。
そんな中で再び“シングル集”をリリースできるのは、淀むことなくバンド活動を続けられたという証でもあり、大変ありがたいことです。
なので今回張り切って新曲も3曲作りました。
最近のスピッツっぽい2曲と、バンド30周年のタイミングということで“ビートパンクバンド・スピッツの新曲”という想定で1曲。
楽しんでいただけると幸いです!

<三輪テツヤ(g)>
’87年から30年がたちました
スピッツもみな今年で50才
2017年のスピッツを楽しんでください

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会