ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【中国最新レポ】世界最高!萌えスポット 成都の「パンダ基地」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DSC_7251
愛くるしいパンダは、世界じゅうの人気者。日本でも見ることができるものの、世界最強といえばやはり中国・四川にある「成都大熊猫繁育研究基地」、通称“パンダ基地”でしょう。
成都市内からの行き方は簡単。地下鉄3号線「熊猫大道」で下車し、地上に出るとシャトルバス乗り場があります。そこで入場券込みのチケットを買って乗ると、入口近くまで行くことができます。帰りもそのバス停付近にあるインフォメーションでバスのチケットが購入可能。
DSC_7062
成都大熊猫繁育研究基地の敷地は広いです。一番奥の方にある、子どもパンダがたくさん飼育されているエリアに行くには、歩くと早くても30分以上はかかります。入口からすぐのところに、敷地内を巡回するバス(10元)があるので、これに乗ると楽に移動できますが、バス停に長蛇の列ができていることも。脚力に自信があれば、思い切って歩くのも手です。敷地内のいたるところに案内板があり、日本語の表示もあるので迷うことはありません。
歩きながらのパンダ観察は楽しいです。最初は大人のパンダがほとんどですが、動き回ったり餌を食べたりする様子はやはり見応えあり。ガラス越しの場所もありますが、ほとんどは低い柵のみでとても良く見えます。なにより、パンダの数が多さは圧倒されます。写真も動画も撮り放題。そして最もかわいいのは、こどものパンダたち。何時間見続けていても、飽きません。
パンダのかわいさを堪能するなら、朝イチで行きましょう。昼からだとパンダは寝てしまっています。パンダの動き回る様子を見たいなら、午前中。できれば、最奥にある子どもパンダの飼育スペースに直行するのがおすすめです。敷地内には、パンダの博物館やカフェなどもあります。一通り見学するなら最低でも3時間、できれば半日はかかります。
IMG_2304
DSC_7312
DSC_7342
DSC_6970

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地http://www.panda.org.cn/jp/
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

【中国 最新レポ】中国のスターバックスは日本にないスイーツがたくさん!
【ソウル最新レポ】 ショッピングの中心・明洞 いまや中国人が占拠
【動物動画】ダンシングパンダ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。