体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホにラップトップPC…端末持ち歩き時代のためのバックパック「#LiveFree」が頼もしい!

fullsizeoutput_27fe日常生活、そして旅行でもスマホやラップトップPCを持ち歩くという方は要チェックのバックパックが登場した。

イギリスのスタートアップが開発した「#LiveFree」。ワイヤレス充電用の電池パックや、バックパックそのものを失くしたときのために追跡できるトラッカーを装備。

また、撥水素材でつくられ、収納ポケットも多数用意されているなど、まさに複数の端末を持ち歩く現代人のためのバックパックだ。

fullsizeoutput_2800・ポケットでスマホを充電

#LiveFreeは15.6インチのノートPCが入る大きさ。クッション性の高いPC専用のポケットが背中側にあり、ここには10インチのタブレットを入れるスペースも用意されている。

両サイドにあるポケットの片方はスマホの充電用を想定。ワイヤレス充電に対応する電池パックをしのばせておいて、そこにスマホを入れて充電する。

サムスンの端末ならそのまま入れるだけで充電でき、iPhoneの場合は専用の充電ケースを使う。

・紛失時はアプリで追跡

PCや貴重品を入れたバックパックの紛失を防ごうと、Bluetoothトラッカーが用意されているのも気が利いている。

トラッカーはChipolo製。専用のアプリでバックパックの位置を確認したり、見つけ出すのにアラーム音をならすこともできる。

fullsizeoutput_2802・小物類をすっきり収納

またデザインも優れていて、収納ポケットを多数用意。これなら、パスポートや鍵、ケーブル類などがごちゃまぜになってバッグの中がカオスに、なんて旅行にありがちな事態を防げそう。

撥水加工された素材でできているので、急な雨でも端末をダメにする心配をしなくていいのも心強い。

こんなバックパック欲しかったという人は多く、資金調達中のクラウドファンディングサイトKickstarterではすでに目標額を達成。現在、バックパックとトラッカーのセットが189ポンド(約2万6000円)、前述2つに電池パックがついたセットは222ポンド(約3万円)~となっている。

出資は5月7日まで受け付け、発送は今年9月を予定している。

#LiveFree/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2878823/video-766000-h264_high.mp4

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。