体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ももクロ、春の一大事LIVE終了後に掟破りの神対応!考えよう規制退場のイライラ解消策

ももいろクローバーZが4月8・9日、埼玉県・富士見市第二運動公園で富士見市制施行45周年記念事業「ももクロ春の一大事2017 in 富士見市〜笑顔のチカラつなげるオモイ〜」を開催。2日間で会場に41,578人、2日目のみ全国57箇所のライブビューイングに11,500人を動員、53,078人がライブに熱狂した。

 

Twitterより @momorikobuta517

 

2日間のライブは両日とも午前は雨模様。天気は、夕方からの開演にはなんとか回復したが、そもそも運動場なのでステージ付近の芝生以外はドロドロ。そもそも陸上競技場みたいな整った施設ではなく、側に学校がある以外は田んぼで、そこにある広いグラウンドに豪華なステージと客席を設けたのである。

 

アリーナはスタンディングで、芝部分はまだしも土部分はひどかったそうだ。大きなトロッコにももクロが乗ってアリーナ外周を通る演出も二日目は地面が悪くてNGになったほど。

 

出典:https://twitter.com/ganko_na_yogore

 

ライブ後のイライラといえば

そんな中で、ライブはなんと約3時間半も行われたのである。終了は20:30くらい。さて、ももクロに限らずだが、お客にとって大規模なライブの最後の最後に必ず襲うイライラがある。

 

「規制退場」だ

 

ドーム球場やスタジアム、◯◯アリーナなど、動員数が多い巨大ホールでは、ライブ終了後に出口に人が殺到しないよう、運営側が客席のブロックごとに分けて順に退場の誘導をするのが普通だ。

 

例えば5万人集客したドーム球場なら全員退場させるには長い場合1時間くらいになる。そこに必ずいるのがルールを無視するやつだ。ズルして別のブロックに入り込んだり、誘導の声を無視して列を乱したりして、時に客同士でトラブルにもなる。規制退場を我慢できない客はライブに来るなと言いたい。

 

ももクロの掟破り!

SWITCH(スイッチ) Vol.34 No.3
Fujisan.co.jpより

今回の「ももクロ 春の一大事」。会場は、大規模なライブの興行経験などない場所だった。通路や道路状況、交通手段までの誘導など、予想もつかない混雑、トラブルがあるかもしれない。運営側は2万人強のお客を全て規制退場で捌けるには1時間かかると判断した。

 

そこで、ももクロは掟破りの行動に出た。なんと、ライブを終えたばかりのメンバーがステージに現れたのだ。そしてトークを展開しつつ、退場待ち、退場中のお客に声をかける、なんて事を始めたのである。

 

ライブの裏方の目線でいうと、こんなの有り得ないのだ。

 

それはなぜか? 例えば、小・中規模のホールで、アイドルが1~2時間のコンサート終了後にエントランスなどで握手会やサイン会を行うケースはある。

 

しかし、全国からファンを集めて行うような万人規模の大型ライブとなると、そんな安請け合いはしたくない。年に数回あるかという大規模ライブは、壮大な世界観で繰り広げるアーティスティックな創りものであり、スターたる凄みを魅せつける晴れ舞台だ。

 

ファンに、尊い憧れの存在を間近で見られることが夢のように思わせる、というのが理想。ライブがエンディングを迎えアーチストがステージから姿を消すと、ファンは「あ~あ、終わった。次に会えるのはいつだろう」そんなふうに思いを巡らせ、名残惜しみ、現実へ引き戻される…。そんな余韻に浸らせる事までもがライブの演出といえる。

 

今回のももクロライブに来ていたファンも、ステージ終了後はそんな余韻に浸ったに違いない。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。