体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シブすぎHoloLensに男泣き!─「VR Tech Tokyo」に潜入して、HoloLens体験してきた

「VR Tech Tokyo #6」でHoloLensを体験!




ということで、前回に続き、今回の「VR Tech Tokyo #6」は、見ル野栄司さんと取材におじゃましました。

当日のセッションは、日本マイクロソフト鵜木健栄さんによる「Windows はAR/MR/VR/HDRの夢を見るか?」と題した現在のデバイスとグラフィックス事情や、3Dグラフィックスを作成する際の基礎知識についてからスタート。


既存ゲームの面白さを活かしてゲームデザインを行ったというVRリズムアクションゲーム”Airtone”の事例について語られたヒストリア佐々木瞬さんのセッションや、


1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。