体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

収納が少ない部屋でも大丈夫!空間デザイナーに聞く、簡単・オシャレな収納テクニック

収納が少ない部屋でも大丈夫!空間デザイナーに聞く、簡単・オシャレな収納テクニック

今年もあっという間に4月。新しい職場や学校にはもう慣れただろうか? そんな新生活を機に、引越しをした人も多いだろう。きちんと内見してから決めたはずなのに、実際に住んでみると意外と収納が少ない……と、困っていないだろうか? そんなとき、定番のカラーボックスやメタルラックはとても便利。なのだが、オシャレかどうかで言えば、そうではないだろう。そこで、空間デザイナーとして活躍する、MARU代表の石坂健さんに、簡単にできて、しかもオシャレな収納テクニックを教えてもらった。

お皿もTシャツも!? 100円で始める楽チン収納

まずは超初級編。100円ショップで購入可能なファイルボックスを使った整理整頓術を教えてくれた。

(1)ファイルボックスを用意する。

(2)Tシャツを小さくたたんで、詰める。【画像1】Tシャツはクルクル巻いても、小さくたたんでも4~5枚は入る(写真撮影/明日陽樹)

【画像1】Tシャツはクルクル巻いても、小さくたたんでも4~5枚は入る(写真撮影/明日陽樹)

これで終了だ。

これに関しては、既存のカラーボックスをもう買ってしまったという人にオススメ。ボックスの中に入れておけば、客人が来ても中身が分かりづらいし、ファイルボックスの背面には穴が開いているので取り出しやすい。また、衣類を色ごとにまとめておけば、小窓からのぞく色ですぐに判断できる。【画像2】ボックス収納に入れていても、簡単に取り出せる(写真撮影/明日陽樹)

【画像2】ボックス収納に入れていても、簡単に取り出せる(写真撮影/明日陽樹)

さらに、ファイルボックスは食器の収納にも応用可能。たしかに皿って、重ねておくと下にあるものを取り出しづらい……。食器も、Tシャツ同様にただ詰めるだけでOK。一人暮らしのキッチンは、収納が少ないケースも少なくない。この方法でフライパンや食器をシンク下に収納すれば、デッドスペースをつくらずに有効活用できる。【画像3】深さや大きさが違う皿でも4~5枚は入るので、キッチンまわりもスッキリ(写真撮影/明日陽樹)

【画像3】深さや大きさが違う皿でも4~5枚は入るので、キッチンまわりもスッキリ(写真撮影/明日陽樹)

このように、どの皿も取り出しやすくなる。ただし、詰め込みすぎないよう、ご注意を。

ボックス収納も「リンゴ箱」ならグッとオシャレに!

最近、DIYでリンゴ箱やワイン箱が人気だ。自慢ではないが、弊社の事務所にあるミーティング用の机も、リンゴ箱で手づくりした。石坂さんいわく、数年前はほとんど無料で手に入ったのに、今ではひと箱1000円前後の値がつき、完売になるほど人気なのだそう。今回は、そのリンゴ箱を使った収納のつくり方を教えてもらうのだが、「教えるまでもない」と石坂さん。

「いや、教えろよ」と、思った人もいるかもしれないが、完成品から見てもらうほうが早い。というのも……。【画像4】3つのリンゴ箱を重ねただけで、味のある家具になる(写真撮影/明日陽樹)

【画像4】3つのリンゴ箱を重ねただけで、味のある家具になる(写真撮影/明日陽樹)

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。