体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

占い師に指南してもらったパワースポットをめぐって運気を上げる、開運だらけの横浜旅

占い師に指南してもらったパワースポットをめぐって運気を上げる、開運だらけの横浜旅 占い

赤レンガや中華街、山手・元町に山下公園などなど、おでかけスポットの宝庫・横浜。しかし、宝庫すぎるがゆえプランをなかなか絞り切れない。ガイドブックがおすすめしている観光コースを踏襲するのもそれはそれで超楽しいわけだが、せっかくなら自分にしかできない旅がしたい!

そこで、今回は横浜の「占い師」に、“行くべきスポット”を指南していただくことにした。

中華街で人気の占いの館へ

占い師は個々のパーソナルな情報から開運のための行動を指南する。ならば、その人にとって運気の良いスポットを占ってもらい、実際にそこを巡れば「唯一無二の開運旅」になることだろう。冒頭、話がやや飛躍したが、そういうことだ。

都合の良いことに、横浜には有名な占いの館がたくさんある。今回は中華街にある「愛梨 本店」を訪ねてみた。

占いの館

なお、今回の占い旅にお付き合いいただくのは、山口しずかさん。会社員の傍ら、漫画やイラストの仕事もしている。

「一人でパワースポットに行ったら閉まってた」「鳥のフンが年3回落ちてきた」など、地味な不幸に見舞われることが多いそうなので、この機会にぜひ運気を上げてもらいたい。

占い

というわけで、さっそく占い開始。

占い師

こちら、いかにも「当たりそうな」たたずまいのsayu先生。西洋占星術と暦歴をブレンドした、独自の占星術を駆使する。名前、生年月日、生まれた時間、出生地の情報だけで、これまでどうやって生きてきたか? いま何をしたらいいのか?「ぜんぶわかっちゃう」そうだ。

sayu先生「しずかさんね。……あなたは我儘ですね。あと、同性の友達がいません」

のっけからなかなか辛辣だが、山口さんのメンタルは大丈夫だろうか?

占い

「当たってる!」

当たってんのかよ! それは何より。さらに……

sayu先生「『娯楽の部屋』の中に仕事がありますね。好きなことを仕事にしてしまうタイプです」

占い

「そのとおりです!(なんでわかるの……?)」

内面をズバズバ言い当てられ、戸惑いつつも少し嬉しそうな山口さん。彼女がすっかりsayu先生に心酔しきったところで、まずは運勢などを占っていただこう。

「2018年に入る頃に仕事で葛藤が起きます。恋愛も絡んできて、仕事をとるか相手をとるか、みたいな感覚になっていくのが2018年の1月から春にかけて。ちょっとだけ、精神的にきつい時期になるかもしれません。ただ、ここで決めたことは先々の20年に全部『結果』として出てくる。生きることに対して、そんなに苦しまないタイプですね」

sayu先生によれば、山口さんはなかなかの強運の持ち主のようだ。本人にその自覚はないようだが、鳥の糞が落ちてきたのもあるいは何かしらの吉兆だったのかもしれない。

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。