体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一度は見ておきたい!春・夏限定!美しすぎる西日本の絶景名所はココ!

一度は見ておきたい!春・夏限定!美しすぎる西日本の絶景名所はココ! 大阪舞洲ゆり園のゆり【大阪府大阪市】

春から初夏にかけて、色とりどりの花が咲き誇る季節が到来!幾年もの歳月を重ねがら、大樹となって人々を包む九尺藤、初夏の陽光に煌めくゆり、ひまわり…。古の時代から小さく可憐な花を愛で、育む感性を持つ日本人なら花とその香りに包まれれば、自然と心が踊り出す♪

今回は、西日本エリアから花絶景をお届けします!周辺の見どころ情報もお見逃しなく!

記事配信:じゃらんニュース

白毫寺の九尺藤【兵庫県丹波市】

1300年の歴史を持つ古刹が、九尺藤の芳香に包まれる。

九尺藤ライトアップされた藤棚

LEDの白色、昼光色、オレンジ色、水銀灯とハロゲンライトの5種でライトアップ

開基1300年の歴史を持つ白毫寺。その境内奥は丹波の山並みを背景にした全長120m、幅9mの藤棚がある藤の広場だ。その特徴は長い花穂。長いもので150cmにもなり、九尺藤として愛され続けており、開花期間中は美しい花と芳香で訪れる人をもてなしている。

例年の見頃:5月上旬~中旬

白毫寺九尺ふじまつりは5月3日(水・祝)から開花中(例年15日頃まで)に開催。期間中は地場産品や杵つき餅、焼き栗やコロッケなどを販売し賑わう。5月5日(金・祝)の午後はオープニング式典、コンサートや餅まきを開催予定だ。

●花見のあとのお楽しみ

見どころ:丹波七福神霊場、丹波古刹十五カ所霊場などの寺院巡り、野上野レンゲまつりなど

郷土グルメ:神戸ビーフ、手打ちそばなど 白毫寺(びゃくごうじ)の九尺藤

TEL/0795-85-0259

住所/兵庫県丹波市市島町白毫寺709

営業時間/8時~17時(藤の開花期間は21時まで)

定休日/なし

料金/拝観料300円

アクセス/電車:JR福知山線市島駅よりタクシー7分 車:舞鶴若狭道春日ICより10分

駐車場/200台

「白毫寺の九尺藤」の詳細はこちら

御船山楽園のつつじ【佐賀県武雄市】

鍋島藩ゆかりの別邸は、はるか時を超え花の楽園に。

御船山楽園のつつじライトアップされた御船山楽園のつつじ

ライトアップされたつつじを大楠の所から見渡せば、明暗の対比がより鮮明に浮かぶ

江戸時代後期、武雄の蘭学普及に尽力した第28代領主鍋島茂義氏が創設した庭園。約2000本の桜のあとは、高さ3mにもおよぶ平戸つつじの花が主役に。30mにわたり群生し、推定樹齢200年とされる大つつじとともに圧巻の風景に。大楠の場所から見渡すのがおすすめだ。

例年の見頃:4月下旬~5月下旬

花まつりはソメイヨシノが見頃を迎える3月17日(金)からつつじ、大藤が終盤となる5月7日(日)まで開催。期間中は18時30分~22時まで見頃の花をライトアップ。また、鍋島家別邸として建てられた萩野尾御茶屋を期間限定で特別公開している。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会