ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【先ヨミ】韓流アーティスト同士のトップ争い、D-LITE(from BIGBANG)の新ミニALがリード

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【先ヨミ】韓流アーティスト同士のトップ争い、D-LITE(from BIGBANG)の新ミニALがリード

 今週のCDアルバム売上レポートから、2017年4月10日~4月12日までの集計が明らかとなり、韓流アーティスト同士がトップ争いを展開中。今回の集計ではD-LITE(from BIGBANG)『D-Day』が1位に立っている。

 『D-Day』は、BIGBANGのボーカリスト・D-LITEのソロドームツアー開催記念ニューミニアルバム。秦 基博、水野良樹(いきものがかり)、絢香が提供した楽曲が収録されており、サウンドプロデュースを亀田誠治が務めた作品だ。今回の集計では、33,426枚を売上げてで首位を走っている。続く2位は、韓国のバンド・FTISLANDの7thアルバム『UNITED SHADOWS』。こちらは15,849枚のセールスとなっており、週末にかけて『D-Day』にどれだけ迫ることができるのかに注目したい。

 3位と4位には、4月17日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”の1位、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE『THE JSB WORLD』と2位、Superfly『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits『LOVE, PEACE & FIRE』』が今週もセールスを伸ばして並んでチャートイン。トップ5ラストは、加藤ミリヤの約1年ぶりのオリジナルフルアルバム『Utopia』となっている。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2017年4月10日~4月12日までの集計)
1位『D-Day』D-LITE(from BIGBANG) 33,426枚
2位『UNITED SHADOWS』 FTISLAND 15,849枚
3位『THE JSB WORLD』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 9,612枚
4位『Superfly 10th Anniversary Greatest Hits『LOVE, PEACE & FIRE』』Superfly 5,888枚
5位『Utopia』加藤ミリヤ 4,690枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

D-LITE(BIGBANG)、初のドームツアーファイナルをBS スカパー!で生中継
D-LITE(BIGBANG)、初のドームツアーファイナルの模様を映画館で中継
FTISLAND、新ALより「Shadows」の“フールなパロディー”?!バージョンMV解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。