体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

WACK(BiS/BiSH/ギャンパレ)運命の日に語った現実と未来 vol.3 BiSH/渡辺淳之介インタビュー“小室哲哉の助言実行、目指すはハロプロ”

WACK(BiS/BiSH/ギャンパレ)運命の日に語った現実と未来 vol.3 BiSH/渡辺淳之介インタビュー“小室哲哉の助言実行、目指すはハロプロ”

 3月28日より4月2日までの5泊6日、BiS、BiSH、GANG PARADEの選抜メンバーと候補生を集めて行われたWACKオーディション。某合宿所での熾烈な戦いを経て、横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて行われたフリーライブ【WACK EXHiBiTiON】で合格者が発表された。そんな運命の日にWACK所属全メンバーが語った現実と未来、今回はその第三弾を公開する。

BiS/BiSH/ギャンパレ キュートなライブ&合宿写真一覧

※WACK(BiS/BiSH/ギャンパレ)運命の日に全メンバーが語った現実と未来 vol.1「落ち着いてて、清々しい気持ちです」→ http://bit.ly/2nGHIUu
※WACK(BiS/BiSH/ギャンパレ)運命の日に全メンバーが語った現実と未来 vol.2 BiS&ギャンパレ全メンバー/BiSHリンリン/aWインタビュー→ http://bit.ly/2oiI1IN

<BiSH全メンバー/渡辺淳之介(WACK社長)インタビュー公開>

 WACKオーディション合格者発表では、BiSのプー・ルイやアヤ・エイトプリンス、BiSHのアイナ・ジ・エンド、ギャンパレ一同も気になるメンバーとして名前を挙げていたヒラノノゾムと、メロンパンキャラを確立していたオオショージメグミ。この2名のBiS加入が発表された。そして渡辺淳之介(WACK社長)の口よりWACK×avexによる新グループをデビューさせること、そのメンバーとしてガミヤサキとモモコグミ.incを採用することが告げられる。しかし、BiSH、ギャンパレに関しては該当者なし。その代わりにギャンパレのカミヤサキは古巣であるBiSへ、BiSのアヤ・エイトプリンスはギャンパレへ移籍(9月までのレンタルトレード)することが決定した。

 この急展開に様々な感情が入り乱れた涙を溢れさせていた各メンバーだが、vol.3ではBiSH全メンバーと渡辺淳之介(WACK社長)へのインタビューをお届け。BiSHは代表曲「オーケストラ」が奪われた騒動に対しての心情や、今回の合宿を経てより強靭になったメンバー同士の絆。渡辺淳之介はBiS、BiSH、GANG PARADE、Project aWといった各グループの評価やWACK全体が目指す未来予想図について語ってくれた。ぜひご覧頂きたい。

<頼りたかったけど頼れなかったんじゃなくて、頼らなかったのは自分だった>

◎アイナ・ジ・エンド/セントチヒロ・チッチ/モモコグミカンパニー/ハシヤスメ・アツコ/リンリン/アユニ・D(BiSH)インタビュー

--参加した人はもちろん、視聴してる人もヒヤヒヤしたであろうWACKオーディション。チッチはどんな気持ちであの5泊6日を見守っていたんですか?
チッチ:やっぱり当事者の2人(アイナ&ハシヤスメ)にしか分からないところがたくさんあって、私とアユニは応援したい気持ちで合宿所まで行ったけど、実際に行ってみたら違って……なんて言ったらいいんだろう? BiSHは2人に任せっきりになっていた部分があったから、それも敗因のひとつであって。誰が悪いとかじゃなくて「BiSHの甘えが出ちゃったのかな」と今になって思います。
アユニ・D:いろいろ感じました。オーディションを受けている候補生の子たちも自分より頑張っている感じがしたし、2人にもいろいろ感じたんですけど、このオーディションに対して私は語れる分際じゃないなとめっちゃ思って。「頑張って」みたいな言葉を贈っても「何を頑張るの?」と思われたらイヤだなって勝手に自分勝手な想像しちゃったり……でもとりあえず状況はずっと知りたかったからチッチと合宿所まで行ったんですけど……。

--今の2人の話を聞いてていかがですか?
アイナ:昨日みんなで喋ったんですよ。
ハシヤスメ:私たちはWACKオーディションを途中離脱して、昨日(4/1)から【BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED】が始まったんです。初日が宮古KLUB COUNTERACTIONだったんですけど、そこでみんなと話したんです。
アイナ:そこで話したのは、他のグループは前々から……例えばサキさんは「心配だから自分も合宿に行きたいけど、行っても何もすることがないなら行く意味がないし、だったら居残り組のみんなで出来ることをやったほうがいい」っていう結論に至って(※実際にギャンパレの居残り組は、合宿参加組のユア&テラシマとダンス審査の振付を一緒に考える等、抜群のチームワークを発揮。詳細は→http://bit.ly/2oiI1IN)、BiSも前々から居残り組は別の場所で合宿しながら応援するって決めていたみたいなんですけど、BiSHはこの合宿が始まってからみんなあんまりツイートもしてなくて、ニコ生の人気投票の時間でさえも「投票して下さい」みたいな言葉がひとつもなかったから、それはそれで「任せてくれてるのかな? 信じてくれてるのかな?」と初日とかは思っていたんですけど、他のグループのメンバーが正直羨ましくなってきちゃって……いっぱい相談してて、相談されてて。そういう話を……言わないでおこうと思っていたんですけど、昨日BiSHのみんなにしたんです。
--なるほど。
アイナ:そしたら実はみんなニコ生をすごく観てくれていたし、さっきアユニが言ったみたいに気を遣って「頑張れ」と言えなかったとか、分かったフリをしてツイッターに書きたくなかったとか……そういうことを知って。だから前もってもっと話しておくべきだったなと思いました。勝手に甘えてました、メンバーに。頼りたかったけど頼れなかったんじゃなくて、頼らなかったのは自分だった。モモコとかもずっと観れるときは観てくれてて、実はハッピーな部分を切り取ってツイートしてくれてたり……だから勝手に任せっきりにさせられてる気分になってたんだなって。
--でもそれに気付けたことは大きいですよね。
アイナ:うん。だから昨日の宮古KLUB COUNTERACTIONは、まだWACKオーディション中ではあったので「せめてライブは6人で勝ちに行く」という話をして、もう1曲目からぶっ飛ばし過ぎちゃいました(笑)。

1 2 3 4次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。