体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マネタイズ手法を徹底比較!モバイルアプリ市場の現在とこれからのトレンド

本稿は、Smashing Magazineのブログ記事を了解を得て日本語翻訳し掲載した記事になります。

本記事は、instinctools EE Labssのビジネス開発マネジャーのStacy Golmack氏によって投稿されました。

 

モバイルアプリの市場は、ジャックの豆の木よりも急速に成長しています。業界の規模は大きく、毎日成長し、終わりは見えません。予測通り、iOS/Androidエンジニアの人口は急増し、市場に出回っているモバイルアプリの数も増え続けています。世界規模で見ても、モバイルアプリ業界の収益は急増しています。

ハイブリッド型の収益モデル(アプリ内広告やアプリ内購入など)は、ビジネスの世界で急速に普及しています。多くの調査は、アプリ内広告が今後のモバイル成長の鍵となることを示しています。

この記事では、以下の疑問について明らかにします。統計データと専門家の意見に裏付けされた、包括的な答えを導いています。
平均的に、モバイルアプリはどれくらいの収益を生み出しますか?
実際に平均収入は増えますか?
今日、モバイルアプリ業界が直面している最大の課題は何ですか?
今日、市場で最も一般的な収益モデルは何ですか?その中で、今後も成長が予測できるモデルは?どのモデルが生き残るでしょうか?

 

モバイルアプリ市場には成長の見込みがあります

App Annieが2015年に報告したレポートによると、モバイルアプリケーション業界は総年間収益が4.4兆円を突破し、5.5兆円まで増加すると予測されています。また、Statistaによると、年間総収入は2020年までに20兆円を超えると予測されています。リサーチ主体によって数字は多少異なりますが、全体像として、市場は決して飽和状態にはないということが示されています。

Forresterのレポートを参照したApp Annieの予測によると、2016年末までにスマートフォンを所有する人は、世界人口のわずか46%です。つまり今話題のモバイル革命は始まったばかりであることを示しています。

消費者は企業よりも急速に進化しています。今日、モバイルインターネットは多くのユーザーにとって必要不可欠なものとなっています。

 

アプリの人気に関しては、アグリゲータのアプリが、最上位に移行する可能性が高いです。アグリゲータとは、多数のオンラインリソースからコンテンツを引用して、それらをインターフェース上に見やすくまとめるツールです。

コンテンツは、速報ニュースからユーザーの関心のあるニッチな分野に至るまで多岐にわたります。アグリゲータは、多数のWebサイトにアクセスしたり、多数のアプリをインストールする時間や余裕がないユーザーを対象としています。

有名なアグリゲーターアプリは、Flipboard、News360、Feedly、IFTTTなどです。

 

アグリゲータのアプリが、ショッピング体験を便利にするものである場合、ユーザーのお気に入りになる傾向があります。

たとえば、Facebookはメッセンジャー(Messenger)によってこれを行いました。ユーザーは自分のニュースフィード広告を読んで、たとえばUberの配車を依頼できるのです。

 

金持ちプラットフォーム、貧乏プラットフォーム

モバイルアプリの2大巨人、AndroidとiOSは、世界のスマートフォン市場を支配しています。

Gartnerの調査によると、2016年の第3四半期には、世界中で販売されているスマートフォンの87.8%がAndroidでした。この数字は、前年比で3.1%の増加です。

一方、iOSの市場シェアは11.5%で、2015年比で2.5%の減少です。これらの成長は他の市場プレイヤーの地位を大幅に低下させました。スマートフォンデバイス市場の0.4%を占めていたWindowsは、モバイルプラットフォームの競争では3位となり、シェアは年率2.5%で減少しています。

 

アップルとGoogleは、最大で最も人気の高いアプリストアを持っています。今のところ、アプリケーションやエンジニアの数において、他の競合他社がこれらのストアに対抗できる見込みはありません。

InMobiは、アプリの55%は、収益が10万円未満であると推定しています。さらに、世界中のアプリの3分の1が、製品の合計ダウンロード数が10,000に達していません。

収益の格差はAndroidエンジニアの間で顕著であるのに対して、iOSデベロッパーの間ではより収益分配のバランスが取れています。2016年以降、iOSエンジニアの25%以上は毎月の収益が50万円を超えています。 一方、Androidエンジニアで同様の収益を達成したのはわずか16%です。

1 2 3 4次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。