ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ロード、「グリーン・ライト」がマックス・マーティンに不評だったことを明かす

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ロード、「グリーン・ライト」がマックス・マーティンに不評だったことを明かす

 2ndアルバム『メロドラマ』を2017年6月16日(現地時間)にリリースするロードが、先行リリースした新曲「グリーン・ライト」にまつわる逸話をニューヨーク・タイムズ・マガジンの特集で明かしている。

 「グリーン・ライト」のリリース直前に音楽プロデューサー/ソングライターのマックス・マーティンに聞かせたところ、あまり好感触ではなかったらしい。「彼はとても具体的な見解を持っていて、それは“メロディック・マス”(メロディーの算数)に関するもので、ある部分をもっと短くすべき」と言われたそうだ。「不完全なソングライティング」だとも指摘されたそうだが、ロードは彼の言葉を「侮辱じゃなくて、ただ事実を述べただけ」と、むしろ同意したそうだ。「あれは変な楽曲だもの」と彼女は話している。

 それでもロードとプロデューサーのジャック・アントノフは、「グリーン・ライト」は二人が作ろうとしていた曲になっていると判断し、そのままの形でリリースした。その結果、「ロイヤルズ」ほどのヒットにはなっていないものの、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”入りして2週目で20位内に上昇し、YouTubeの再生数も4,000万回を超えている。“不完全”なままの楽曲が成功し、自分は間違っていなかったとロードは実感しているそうで、「“メロディック・マス”に関しては私もルールを強く認識しているわ。60%は従うけれど、40%は従わない」と話している。

 また、『メロドラマ』はある種のコンセプト・アルバムになるそうで、ハウス・パーティーでの一夜のストーリーを描いていると彼女は示唆している。

関連記事リンク(外部サイト)

ロード、SNLで新曲2曲をパフォーマンス
これまでのイメージを覆す新天地 / 「グリーン・ライト」ロード(Song Review)
ロード、ピアノ・バラード曲「Liability」を発表&新譜リリース日も明らかに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。