体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

住みたい街ランキングの常連、恵比寿のお店に詳しくなってモテる【まとめ】

f:id:Meshi2_Writer:20151205205852j:plain

「住みたい街ランキング」の上位にいつもランクインする憧れの街・恵比寿

ワタクシめにはすっかり縁遠いオシャレタウンかと思っておりましたが、こんなに美味しいお店ばかりなんだったら、心のハードルを上げずに足を運んでみたいものですね。

あとは一緒にデートに行ってくれる、彼女を探すだけですから!

コツひとつでメチャ美味に! “究極のおかかご飯”を恵比寿の高級鉄板焼店「ロワ蔵」に学ぶ

まず最初は「おかか」を使ったメニューから。「ねこまんま」と呼ばれることもあり、B級グルメ的なイメージもあるこの食材も、恵比寿という街の魔法にかかると、ほら、このとおり!

f:id:uralatokyo:20160630194847j:plain

恵比寿にある「ロワ蔵」の「おかかご飯」を食べたとき、それがとっておきのごちそうであるようなおいしさと充足感があって、とにかく箸が止まらなくなってしまったのです。それに、ディナーの予算は10,000円オーバーのお店“なのに”「おかかご飯」というギャップにもすっかりやられてしまったのです。

f:id:uralatokyo:20160706114619j:plain

鹿児島の枕崎で1本釣りされた上質の鰹節を使用。

こんな上質の鰹節は、料亭でも滅多に使われない代物なんだとか。

f:id:uralatokyo:20160630195030j:plain

シャクシャクシャクと一定のリズムを刻みながら、削り出される鰹物。ポイントは削りたての鰹節を使用すること、それと熟練の技が必要ですが、「とにかく薄く削る」ことが大事なのだと言います。

まさに究極の「おかかご飯」。

このくらいのこだわりがなければ作れないシロモノなのですね。

f:id:uralatokyo:20160630195117j:plain

さて「ロワ蔵」の「おかかご飯」の美味しさにすっかり感動してしまったライターの近藤さんは、自宅で似たメニューをどれだけ再現できるか、チャレンジしてみることに。

f:id:uralatokyo:20160630195301j:plain

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。