体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大事なことを「決められない」あなたへ。ドラッカーからのアドバイスとは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第6回の今回は、「意思決定に対する考え方」についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:k_kushida:20170403110403j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

こちらは、著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日は、下記名言解説の1回目となります。

【本日の名言】

「決定の準備は整った。しかし、決定の多くが行方不明になるのがここである。決定が愉快でなく、評判もよくなく、容易でないことが急に明らかになる。とうとうここで、決定には判断と同じくらい勇気が必要であることが明らかになる。薬は苦いとは限らないが、一般的に良薬は苦い」

(P・F・ドラッカー『経営者の条件』)

会社を取り巻く環境は、常に変化し続けています。たとえ今、「これは確実だ」と思っていることであっても、将来を約束されたものなどありません。それでも、我々ビジネスパーソンは判断し、行動し続けていかなければなりません。

あなたも、仕事をしていて「どうすべきだろうか?」と思い悩む場面があるのではないかと思います。そういう時に示唆を与えてくれるのが、本日ご紹介するこの名言です。

人は日々、「選択に迫られている」

仕事だけに限らず、通常、我々は生きていくに際し、常に何かを選んでいます。何かを選んでいるということは何かを選ばないという選択をしているということです。身近なものでいうなら「今日、夕食は何にしようか?」から「どのルートを通って家に帰ろうか?」といったことまで、すべては選択の連続です。

それは当然、仕事においても当てはまります。会社の資源が有限である以上、すべてを取ることはできません。会社が何かを「選択する」場合、判断のもととなるものが必要になります。

業務を遂行していくにあたり、会社は、

・どのプロジェクトを行うのが、会社にとって望ましいのか?

・考えられる手段にはどのようなものがあるのか?

・それぞれのメリット・デメリットは?

・決定を下すことによって得られるはずの効果は?

等々を推し量ります。

これが、ドラッカー氏の言う「決定するための準備」にあたります。

「決定の多くが行方不明になる」というのは、つまり「決定するだけでは足りない」ということを物語っています。名言の中の「薬」とは、「決定」のことを指しています。氏は同書の中で、「決定が苦くなければならないという必然性はないが、一般的に成果をあげる決定とは苦い」ものだと述べています。そのような苦味を伴った決定には、周囲の反対がつきものです。けれど反対を怖れていては、判断がブレてしまう可能性があります。

大きな決定をすることに、人はためらいを覚える

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。