ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Google TangoとDaydreamに対応した「ZenFone AR」の公式プロダクトムービーが公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ASUS の日本法人が先程国内向けに発表した「ZenFone AR」のプロダクトムービーを公開しました。ZenFone AR は、現時点では Lenovo Phab2 Pro しか対応していない Google Tango と一部の Nougat スマートフォンしか対応していない Daydream も利用できるハイスペックスマートフォンです。上位モデルは RAM を 8GB も搭載しており満足の性能が得られると期待されます。他のスペックや機能面は ZenFone 3 Delue に近い内容となっており、6GB RMA + 64G ROM モデルと 8GB RAM + 128GB ROM モデルの 2 種類が発売されます。ASUS は公開したプロダクトムービーの中で、注目の Tango 機能の使用例を紹介しており、ZenFone AR に搭載されたメインカメラ、モーショントラッキングカメラ、深度カメラを組み合わせることで、Tango アプリ上で空間の距離を計測したり、空間の構造を認識して仮想的な家具を配置するような使い方ができます。ZenFone AR には製品パッケージに組み立て式の VR ヘッドセットが同梱しますが、 Daydream View にも対応しており、モーションコントローラーを使って VR のゲームをプレイすることができます。Daydream View は国内未発売なので、ZenFone AR の発売に合わせて国内投入されるかも。

■関連記事
アイリスオーヤマ、スマートフォンアプリで操作できるルームエアコンを発売
オンキヨー、同社のDAP/ハイレゾスマートフォン向け音楽アプリ「Music」をバージョンアップ
上海問屋、キーホルダーとしても使用できる持ち運びに便利なMicro USB ケーブルを発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。