ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

旧型でもOKならCクラスワゴンの低走行物件も100万円ちょいからイケること、知ってました?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲どこからどう見ても「数百万円の車」といった感じの旧型メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンですが、実はコレ、走行2万km台までの物件でも車両140万円ぐらいから狙えてしまうのです

▲どこからどう見ても「数百万円の車」といった感じの旧型メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンですが、実はコレ、走行2万km台までの物件でも車両140万円ぐらいから狙えてしまうのです

100万円台前半で狙うなら「前期型」がターゲット

現行メルセデス・ベンツ CクラスおよびCクラスワゴンがスマッシュヒットを記録している陰で、その旧型モデルが超お手頃価相場になっていること、ご存じでしたでしょうか? 新車時価格は399万~746万円だった旧型Cクラス/Cクラスワゴンですが、その走行2万km台までの中古車が今、車両価格140万円程度から十分狙えてしまう状況なのです。

セダンとステーションワゴンのどちらもなかなか魅力的な旧型メルセデス・ベンツ Cクラスですが、使い勝手やイメージの良さなどから考えるとステーションワゴンの方が一枚上かとも思われますので、以下、旧型Cクラスワゴンを念頭に話を進めたいと思います。

走行距離2万km台までの物件に絞ったうえで具体的な価格を見てみますと、車両価格100万円台半ばぐらいまでで狙えるのがいわゆる「前期型」。11年4月までの、直線的なデザインのヘッドライトを採用していた年式です。

その中でも選択肢はいくつかに分かれてまして、一つは「前期の前期」といえるC200コンプレッサー アバンギャルド。これは1.8Lの直4エンジンにスーパーチャージャーを組み合わせていたごく初期のモデルです。ただしこれは「ごく初期」だけあって今や低走行物件の台数は少なめで、主には09年後半からのC200 CGI ブルーエフィシェンシーというグレードになるはず。こちらはC200コンプレッサーと同じ1.8Lの直4で(ただしこちらは直噴方式ですが)、最高出力も同じ184psなんですが、スーパーチャージャーではなくターボチャージャーを組み合わせています。そのため、 こちらの方が低回転域からトルクフルであり、燃費も若干ですが良好です。

▲08年4月から14年9月まで販売された旧型メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン。こちらの写真は登場から11年4月までの通称前期型。シンプルな形状のヘッドライトが目印です

▲08年4月から14年9月まで販売された旧型メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン。こちらの写真は登場から11年4月までの通称前期型。シンプルな形状のヘッドライトが目印です

100万円台後半の予算ならぜひ「後期型」で

車両価格160万~199万円ぐらいまでを射程圏内に入れることができるなら、旧型Cクラスワゴンの中でもいわゆる「後期型」が狙えます。

後期型というのは11年5月からの、ヘッドライトの造形がちょっと曲線的というか複雑な感じになった方の年式です。そして変わったのはライトの形だけではなく、合計で2000ヵ所以上のモロモロが改良されています。内装の質感も格段に上がり、トランスミッションもそれまでの5速ATから「7G-TRONIC」という7速ATに進化。もしも予算的な余裕があるのであれば、やはり後期型を狙った方がより満足度は高いのではないかと存じます。

車両価格160万~199万円で検討可能な走行2万km台までの後期型Cクラスワゴンは、主にC200 CGI ブルーエフィシェンシー/C200 ブルーエフィシェンシーとC180 ブルーエフィシェンシー。どちらも1.8Lの直4直噴ターボエンジンですが、C180ブルーエフィシェンシーは最高出力が156psに抑えられています。

予算との相談にはなってしまいますが、後期型のCクラスワゴンは年式が後になればなるほど装備類が充実していますので、できればより新しめの年式を選びたいところです。ただし中古車というのは「装備の良し悪しよりコンディションの良し悪しの方が重要」という側面も強いので、このあたりは一概には言えない難しい問題なのですが。

▲こちらが11年5月からの後期型。ヘッドライトの形状がやや複雑なものに変わった他、車全体にかなりの数の手直しが加えられています

▲こちらが11年5月からの後期型。ヘッドライトの形状がやや複雑なものに変わった他、車全体にかなりの数の手直しが加えられています

▲デザインよりもワゴンとしての実用性を重視したせいか、リアゲートは切り立った感じの角度。ラゲージスペースの容量は5名乗車時で450Lで、2名乗車時では最大1465Lとなります

▲デザインよりもワゴンとしての実用性を重視したせいか、リアゲートは切り立った感じの角度。ラゲージスペースの容量は5名乗車時で450Lで、2名乗車時では最大1465Lとなります

現行の方がさすがに総合力は上だが、これはこれで素敵なワゴン

さて、以上のとおり車両価格140万円前後から様々なグレードが選べる旧型メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンですが、「ところで現行モデルと比べてどうなんだ?」という疑問はあるかもしれません。それに関してお答えしますと、当然ですが車の出来としては現行Cクラスワゴンの方が「圧倒的」と言って良いほど優れているかもしれません。なにせ現行のCは見た目も性能も「……Eクラスか?」と一瞬思ってしまうほど全体的に素晴らしいですからね。

ということで「現行型との対比」という面ではちょっと歯が立たない旧型Cクラスワゴンですが、現行型のことなんか気にしないで「それ単体」として考えるのであれば、非常に素晴らしい車であるとは断言できます。乗り味は重厚なれどスポーティで、内装の質感も(特に後期型は)高く、「所有する歓び」みたいなものを感じさせてくれるクオリティ感が全体にみなぎっています。特に、今回取り上げている「走行2万km台までの物件」であればなおさらのことです。

上を見ればキリがありませんが、もしも「車両100万円台ぐらいの予算感で、何かこうステキで上質なステーションワゴンとか、ちょっと欲しいかもなぁ……」とおぼろげに考えている人がいらっしゃいましたら、ぜひともこの「実は意外と安い」走行2万km台までの旧型メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンに、この瞬間からちょっと注目してみてくださいね。

▲グレードやオプションなどによって細かい部分は異なりますが、旧型Cクラスワゴン後期型のインテリアはおおむねこのようなデザイン。なかなかのスポーティ志向といえます

▲グレードやオプションなどによって細かい部分は異なりますが、旧型Cクラスワゴン後期型のインテリアはおおむねこのようなデザイン。なかなかのスポーティ志向といえます

【関連リンク】

車両価格200万円以下、走行3万km以下の旧型メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンを探してみるtext/編集部

photo/ダイムラー

関連記事リンク(外部サイト)

車両価格200万円以下、走行3万km以下の旧型メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンを探してみる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。