ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「kiri café」復活!世界的パティシエ小山進監修のクリームチーズスイーツにとろける

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
 

 

ホワイトデーは手作りと決めています(渡す相手がいる場合に限り)。自宅にオーブンがないので作れるスイーツは限られますが、得意なのはクリームチーズケーキ。筆者にバレンタインチョコレートをくれる女性はチーズケーキが好きなようで、手前味噌ですが好評です。ちなみに、「キリ」を使うとどんなに失敗しても、そこそこのクオリティが保てます。

 

 

昨年、東京都港区北青山に期間限定でオープンした「kiri café」。「キリ」のクリームチーズをたっぷりと使用したフードやデザートを提供するだけでなく、可愛くておしゃれな店内が「キリの世界観を満喫できる」と若い女性を中心に人気を博し、15,000人以上が来店したそうです。(全般的にチーズ好きの女性は多いのですね)

 東京・外苑前に「kiri cafe」が限定オープン!
Mart(マート) 2016-04-27 発売号
Fujisan.co.jpより

 

さて、そんな反響を受け今年も4月14日(金)〜5月12日(金)まで「kiri café」が復活します!一般オープンに先立って13日に行われたメディア向け内覧会に潜入してきました。

 

小山シェフのデザートプレートに新作登場!

「kiri café」を手がけるベル ジャポン株式会社の大髙寛代表取締役は「昨年、キリ誕生50周年を記念して、様々なキャンペーンを仕掛けました。メガブランド戦略としてチーズ以外のアイスやスイーツとのコラボレーションや、メディア露出でブランドトータルの売上は20%増となっています」と話します。今年はさらにパワーアップを図るそうで、期待が高まりますね。

 

大髙社長によると「kiri café」新スイーツの監修は今年も世界的パティシエ、小山進氏に依頼。さらにスイーツ教室も企画しているそうです。店内は白を基調とした上質な空間。今年のコンセプトは「とびっキリのごほうび時間」です。

 

※今年のデザートプレートを説明する小山シェフ

 

小山シェフが監修するデザートメニュー「es koyamaプレート『kiri®No.5 2017』」は、5つのスイーツが乗った贅沢なもの。昨年は1日限定100食でしたが、今年は1日150食となっています(2,000円)。

 

「小山ぷりん」はミルク感たっぷりの「キリ」がベース。隠し味にマスカルポーネチーズを重ねた濃厚なプリンです。「kiri®ロール」はふわふわ食感がポイント。優しい生地でコクのあるキリクリームチーズを包み込みました。

 

残り3つのスイーツは新しくアレンジされた新作です。「小山チーズ宇治抹茶」は10分程度しかオーブンに入れず、口の中でとろけるような食感と心地よい抹茶の苦味が融合した、絶妙な味わいに仕上がっています。

 

「苺とkiri®のマカロン」はキリのロゴがあしらわれたSNS映え必須のスイーツ。フランスの濃い苺を使い、味のメリハリを演出しています。

 

「kiri®クリームチーズアイス&マンゴーパッションクーリ」は甘味と酸味をそのまま楽しめる一品。キリクリームチーズと相性の良いトロピカルフルーツが、見事にマッチしていました。

 

 

「昨年よりもマリアージュを意識」小山シェフ

「キリクリームチーズは、シェフである自分の最も身近にあった良い素材」と語る小山シェフ。今回のデザートプレートはどれを食べても「キリ」を感じられる分かりやすさを追求したそうです。

 

また、新作の「小山チーズ宇治抹茶」などに見られるように、マリアージュを意識したとのこと。「小山チーズ宇治抹茶」は和素材であるお茶本来の香りとフランス素材が合わさって、見事なハーモニーを奏でています。

 

小山シェフは「日本人の要素が満載のプレート。ぜひ、何回も食べてもらいたい」とメッセージを送っていました。

 

※左から「小山ぷりん」、「小山チーズ宇治抹茶」、「kiri®ロール」、「苺とkiri®のマカロン」、「kiri®クリームチーズアイス&マンゴーパッションクーリ」

 

キリクリームチーズについては「バランスが良く使いやすい。色んなものを作りたくなる欲求を掻き立てるチーズ」だと分析。なるほど、来年のホワイトデーはクリームチーズケーキ以外のものに挑戦しよう(渡す相手がいる場合に限る)。

 

 

■名称:「kiri café」(キリ カフェ)

■開催期間:4月14日〜5月12日

■営業時間:11:00〜23:00(L.O22:00)

■開催場所:Royal Garden Cafe青山(東京都港区北青山2-1-19)

http://www.bel-japon.com/kiri/treat/

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。