ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「やっぱり別れたくない!」千葉の “日本一早い初日の出”でカレと仲直り大作戦

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
犬吠埼灯台

「カレと喧嘩中で、仲直りしたいけどお互いなかなか素直になれなくてツラい…」という悩みを持っている人!そんな「ごめんね」が言い出しづらい状況でも自然と仲直りできたら嬉しいですよね。

今回の記事は、「カレと仲直り」するためにオススメの千葉観光スポットをご紹介します。

カレと喧嘩中のあなたに教えたい、とっておきの“仲直り”スポット

早速ですが、カレと仲直りしたいときどうすればいいのでしょうか?恋愛コラムライターの沢田七海さんに聞いてみました。

≪沢田七海さんプロフィール≫

昼はOLをしながら…夜は歌舞伎町・六本木・銀座ホステスの二重生活を5年間。多くの恋愛を経て、イケメン旦那と結婚。現在は恋愛コラムライターとして活動中!!一般書籍となる恋愛小説、恋愛エッセイ著作あり。

「仲直りしたいなら、千葉にある関東最東端の岬『犬吠埼』の日の出をカレと一緒に見に行きましょう!」とのアドバイスをいただきました。

犬吠埼とはどんなところなのでしょうか?まずは、犬吠埼(にある灯台)について、簡単に紹介しましょう。

犬吠埼灯台

犬吠埼灯台

出典

:http://www.jalan.net/kankou/spt_12202ad3350045670/

犬吠埼灯台は、英国人技師のリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計・施工監督<しこうかとく>のもと、1872年(明治5)9月28日に着工し、2年後の1874年(明治7)11月15日に国内24番目の西洋式灯台として完成して点灯しました。初めて国産レンガが使われた灯台で知られています。

\口コミ ピックアップ/

最東端で初日の出ということで、元日は人気スポットでした。渋滞必須なので、早めの移動でしたが、無事に初日の出を拝むことができました。

(行った時期:2017年1月)

海と合わさった風景が、たまらなく素晴らしいです。

曇っていたものの、海を一望できていい体験になりました。

(行った時期:2016年10月) 犬吠埼灯台

住所/千葉県銚子市犬吠埼9576

「犬吠埼灯台」の詳細はこちら

「日本一早い初日の出」が見られる千葉・犬吠埼で仲直りできる理由

さて、この犬吠埼。実は(離島や山頂を除いて)「日本一早い初日の出」が見られる場所なんです!

そんな場所に行けば仲直りできる理由を、沢田さんはこう語ってくれました。

「『日本一早い初日の出』が見られる場所なんて、ロマンチックですよね!

そんな『特別感』を感じられるところにふたりで行けば、喧嘩していたことなんてどうでもよくなります。『やっぱり、一緒にいると楽しい』って思ってくれるはずですよ!

また、ここで日の出を見るためには、かなり朝早くから準備をして向かうことになるはず。一緒に準備したりすることで、最初は気まずいかもしれないですが、自然とコミュニケーションが増えてきます。

そんな、『ふたりで』何かをするきっかけになるところもポイントですね。恋人って、ふたりいてはじめて成立するものですから」

喧嘩するということは、ふたりの心が離れかけてるということです。でも、それをまた近づけるために「日の出を見に行く」ことをきっかけとする…そんな仲直り大作戦です!ぜひカレを誘ってみてくださいね♪

※犬吠埼の灯台が開くのは8:30からです。日の出が見られる時間には閉まっていますが、灯台周辺からでも日の出は見られますのでご安心を。

仲直りした後は…周辺の観光デートを楽しんで♪

素敵な日の出を見てカレと仲直りできたら、そのまま周辺で観光デートしちゃいましょう!

もしかしたら仲直り直後はちょっとぎこちないかもしれません。そんな状況でも盛り上がれるように、ココでしか見られないような絶景を楽しめたり、珍しい体験ができるようなスポットをセレクトしました!また、美味しいものを食べれば自然と笑顔になれるので、千葉の海鮮を堪能できるお店もひとつピックアップしています。

銚子電鉄

銚子電鉄

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000161840/

銚子駅と外川駅の間を走る全長約6・4kmの小さな鉄道。1923年の開通以来、銚子名物である醤油や魚などの運搬だけでなく、地元客や観光客の足としても活躍してきた。素朴な木張りの床や、レトロな中吊り広告など、車内にはひと昔前の風情が漂う。始発から終点まで約19分の小旅行をのんびりと楽しもう。

オランダ風車を模したかわいい銚子駅を探そう。

\口コミ ピックアップ/

車内改札や趣のある駅舎など、昔に戻った雰囲気が味わえます。

また、カラフルな電車も多く保存車両などもあるので、お子さんとテーマパーク感覚で乗って一日過ごすのも良いと思います。

(行った時期:2017年3月)

銚子駅から外川駅までを走るローカル線です。濡れせんべいで有名ですが風情のある景色をゆったりと走る車内から見るのは最高です。

(行った時期:2017年1月) 銚子電鉄

住所/千葉県銚子市新生町2-297

「銚子電鉄」の詳細はこちら

地球の丸く見える丘展望館

地球の丸く見える丘展望館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_12202ad3350046694/

地球の丸く見える丘展望館は、下総台地の高所(73.6m)である愛宕山の頂上にあります。北は鹿島灘から筑波山を望み、東と南は一望千里に太平洋の大海原を、西は屏風ケ浦から九十九里浜まで見渡せます。標高約90メートルの展望スペースからは360度の大パノラマが広がり緩やかに弧を描いた水平線によって、地球の丸さを実感できます。

\口コミ ピックアップ/

本当に地球が丸く見えます。

地平線と水平線が同時に見られて、お得な気分になれる不思議な場所です!!!

(行った時期:2016年8月)

天気が良いと筑波山や九十九里浜まで見渡すことができます。本当に360度何も遮るものなく水平線が丸く見えました。展望ラウンジには喫茶店もあります。

(行った時期:2017年2月) 地球の丸く見える丘展望館

住所/千葉県銚子市天王台1421-1

「地球の丸く見える丘展望館」の詳細はこちら

屏風ケ浦

屏風ケ浦

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_12202ab2050034237/

海抜50メートル前後の絶壁が10キロにわたって屏風のようにそそりたつ海岸で、東洋のドーバーといわれている。

\口コミ ピックアップ/

屏風ヶ浦に行きました。銚子マリーナに車を止めて歩いて行けます。断崖絶壁は圧巻です。おすすめです。

(行った時期:2017年1月)

英 仏海峡のドーバーに匹敵する荒削りで雄大なスケールは、素晴らしい眺めです。昔は 飯岡灯台先にまだ地面が続いていて「佐貫城」というお城があったそうですよ。

(行った時期:2016年10月) 屏風ケ浦

住所/千葉県銚子市三崎町1丁目

「屏風ケ浦」の詳細はこちら

小江戸さわら 舟めぐり

小江戸さわら 舟めぐり

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_12236ee4612023354/

小野川沿いの江戸情緒残る歴史的町並みを見ながらの水上散歩が体験できます。

\口コミ ピックアップ/

ゆっくりゆったりと進む船に身をゆだねながら景色を眺め、非日常的な時間を過ごせました。日常のストレスから解放される時間でした。

(行った時期:2016年9月)

小江戸というのがぴったりな、レトロな街並みを舟で眺めながら進むことができます。

レトロな雰囲気の中にもおいしいレストランがあったりと、とても惹かれる場所ですね。

(行った時期:2016年5月) 小江戸さわら 舟めぐり

住所/千葉県香取市佐原イ1730-3

「小江戸さわら 舟めぐり」の詳細はこちら

浜めし

浜めし

出典:http://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000100299/

\口コミ ピックアップ/

並ぶと聞いていたので、11時ちょっと過ぎた頃着きました。その時点で少し待っていましたがすんなり入れました。主人は五色どんぶり、私はミックスフライを頼みました。二つともボリューム満点!!

丼はどこから食べていいかわからないくらい!

ミックスフライはその日はまぐろフライがメインでとてもおいしかったです!

お刺身も脂ものってておいしく頂きました。

(行った時期:2016年10月)

いつも早くから並んでいます。釣りに来る方もここが一番おいしくて安いと太鼓判を押してくれました。味も量も大満足なお店です。

(行った時期:2016年6月) 浜めし

住所/千葉県銚子市竹町1545-8

「浜めし」の詳細はこちら

千葉の観光スポット検索はじゃらん観光ガイド(http://www.jalan.net/travel/)で!

※この記事は2017年3月時点での情報です

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。