ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ケンドリック・ラマーの新作『DAMN.』について現時点で分かっている7つのこと

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ケンドリック・ラマーの新作『DAMN.』について現時点で分かっている7つのこと

 ケンドリック・ラマーのニュー・アルバム『DAMN.』が2017年4月14日(現地時間)にリリースされる。昨年のデモ音源コンピレーション『アンタイトルド・アンマスタード』に続くリリースで、スタジオ・アルバムとしては2015年の『トゥ・ピンプ・アバタフライ』以来となる。この新作について現時点で分かっていることをまとめた。

◎発表されているゲスト・アーティストはU2、リアーナ、ザカーリ(Zacari)の3組だけ
直前に追加発表される可能性もあり、プロデューサー陣の正確なクレジットを見ない限りはっきりとは言えないものの、『DAMN.』はラマーにとって表面上はコラボレーションが最も少ないアルバムになりそうだ。リアーナは「LOYALTY.」(ロイアルティ)、U2は「XXX.」、ザカーリは「LOVE.」という曲に参加している。

◎マイク・ウィル・メイド・イットが3曲プロデュース
先行リリースされた「HUMBLE.」と「DNA.」とU2が参加した「XXX.」の3曲。ラマーはマイク・ウィル・メイド・イットが3月にリリースした「パーフェクト・パイント」にレイ・シュリマーとグッチ・メインと共にゲスト参加しているが、現在プロデューサーとして引っ張りだこのマイク・ウィルがラマーのソロ・アルバムに関わるのは初めて。

◎バッドバッドノットグッド、サウンウェイヴ、DJダーヒ、アルケミストがプロデューサーとしてクレジットされている。ジェイムス・ブレイクも参加しているかもしれない
先行予約で明らかになったアルバム・クレジットにはバッドバッドノットグッド、DJダーヒ、サウンウェイヴ、アルケミスト、ナインス・ワンダー、そしてジェイムス・ブレイクと見られている“J.ブレイク”の名前がある。他にもラマーと何年もコラボしているサウンウェイヴとテラス・マーティンもクレジットされている。
 
◎ケイトラナダがフィーチャーされている曲があるらしい
トラックリストではクレジットされていないが、バッドバッドノットグッドとDJダーヒがプロデュースした「LUST.」だ。ケイトラナダがこの曲でオートチューンをかけながら歌っていたとツイートしたが、その後削除した。

◎ケンドリックはこのアルバムを“very urgent”(待ったなし)と表現
ニューヨーク・タイムズ紙のT Magazineとのインタビューで、「僕たちは女性が大好きで、彼女たちと一緒に過ごすのは楽しい。もしかしたらいつか俺にも娘ができて、育って、どこかの男性との関わりについて話されるかもしれない。大抵の男は聞きたくないようなことをね。それを受け入れることを学んで、逃げないこと。このアルバムはそういうフィーリングにしたいんだ」とコンセプトについて話している。

◎『トゥ・ピンプ・アバタフライ』のようなジャズの影響はなさそう
プロデューサーのシック・センス(Syk Sense)がYouTubeのインタビューで、「今まで聴いた中で最もハードな内容だった」と、ニュー・アルバムのビートがジャジーではなかったと明かした。その後、自分が聴いたビートが実際にニュー・アルバムに使われるか分からないのでインタビューを削除してほしいと要請したが、先行リリースされた「HUMBLE.」の曲調からもアルバム全体の印象が前作とは違うものなりそうだということは推測できる。

◎これは噂されているJ.コールとのコラボ・アルバムではない
ラマーとJ.コールがコラボ・アルバムを制作中であることをアブ・ソウルが明かしているが、こちらのリリース日は未定だ。

◎リリース情報
『DAMN.』
ケンドリック・ラマー
2017/4/14 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

ケンドリック・ラマー、4/14発売の新作『DAMN.』にU2とリアーナが参加
【米ビルボード・ソング・チャート】エド・シーランが11週目の首位、ケンドリック・ラマー新曲が2位初登場
レディオヘッド/ガガ/ケンドリック、【コーチェラ2017】でのパフォーマンスがYouTubeでライブ配信

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。