ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

文豪達の愛したオムライス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

4月12日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、決められた銀座の区域内にある名店を食べ歩くコーナーで、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)さん、近藤春菜(ハリセンボン)さん、箕輪はるか(ハリセンボン)さんが「煉瓦亭」(東京都中央区)を訪れた。

地下鉄銀座駅から徒歩3分の場所にある同店は、明治28年創業の老舗の洋食店で、夏目漱石や池波正太郎など、有名な文豪達が通っていたのだという。店内には、東京オリンピックの時から使われている旧式のレジスターや、今は街中で見る機会もすっかり減った10円式の赤電話など、レトロなアイテムが置かれている。

3人が注文したのは「元祖オムライス」。こちらは元々お店のまかない料理で、1つのお皿しか使わずに、1つのスプーンで食べられるように、ご飯とオムレツを混ぜて巻かない状態にしているのが特徴。一般的なオムライスは溶き玉子にチキンライスを加えて玉子で包むので手間がかかるが、同店のオムライスはご飯と玉子、具材を一緒にしっかり混ぜて焼くので、料理時間が短縮出来るため、まかないにぴったりなのだそう。

一口食べた近藤春菜さんは「ふわっとしてるよ。うーん、とろっとろで、ご飯の食感とお肉がこれまた結構入っていますね!」とご満悦。玉子の中には牛と豚の合い挽肉が入っているが、合い挽き肉を使用しているのは、砂糖と醤油をしっかりとしみこませるためという事だ。

近藤さんに続いて料理を口にした水卜麻美さんは、いきなり「全然違った!不思議ですね!」と驚きの声。店主曰く、玉子の外側はしっかり固まっているのに、内側はとろとろの食感が味わえるのだそう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:煉瓦亭(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:銀座×洋食・西洋料理のお店一覧
こだわりの細麺を使用した広島風お好み焼きがいただけるお店
味つきの氷で作る、台湾式のかき氷が味わえるお店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。