ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【シェフレシピ③】おしゃれすぎる!美才治さんのフォトジェニレシピ!食べておいしい、見て美しい☆

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

人は見た目が9割なんてことも言われていますが、料理だって見た目がおいしそうな方が絶対にいい。時間をかけなくたって、ちょっとしたコツとアイデアでレストランのような美しい料理をつくれちゃいます。食材のかわいさを引き出す天才、料理研究家 美才治真澄さんのおしゃれすぎる!素敵すぎる!!お料理をご紹介します。3回目は話題の「ガトーインビジブル」。美しく仕上げるポイントを逃さずチェックして、フォトジェニレシピを作ってみよう!

萌え断!美しすぎるりんごのケーキ、ガトーインビジブル

材料 6人分(21×8×高さ6cmのパウンド型1台分)

りんご・・・・大 2 個 (約680g・紅玉がおすすめ)

卵・・・・М 3 個

グラニュー糖・・・・80 g

塩・・・・ひとつまみ

牛乳・・・・150 ml

薄力粉・・・・120 g

バター・・・・60 g (溶かしておく)

バニラエッセンス・・・・適量

[A]バター・・・・大さじ 2

[A]グラニュー糖・・・・大さじ 4

下ごしらえ

りんごは皮をむいて芯を取り、4等分のくし型切りにし、1~2mm幅のなるべく薄い薄切りにする。できるだけ均一な薄さに切ること(スライサーを使うと便利)。端の小さい部分は、トッピング用に取り分けておく。薄力粉はふるう。型の内側にAのバターをまんべんなく塗り、その上にグラニュー糖をまぶし、冷蔵庫で冷やしておく。オーブンを190度に予熱する。80b96273 2548 4e14 8791 cb5b50b37d54

作り方

1)生地を作る。ボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖、塩、牛乳を加えて、泡立て器でよく混ぜる。ふるった薄力粉を加えてさらに混ぜる。粉っぽさがなくなったら、溶かしバター、バニラエッセンスを加えて、さらに混ぜる。

2)1に薄切りにしたりんご(トッピング用以外)を加え、りんごが割れないようにやさしく手で混ぜ合わせて、生地をまんべんなくからめる。

☆ここがポイント!りんごは同じ方向に重ねて並べる☆B1985805 eff2 4229 af80 f8a7d8246101

3)りんごを少量ずつ同じ方向に重ねて、型の底から敷き詰めていく。このとき、型の内側にまぶしたグラニュー糖がはがれないように注意する。すべて敷き詰めたら、ボウルに残った生地にトッピング用のりんごを加えて、また同様に生地をからめて型に入れる。最後に残った生地も型に流し入れる。

4)3を190度に予熱したオーブンで60分焼く。途中で表面が焦げそうなら、アルミホイルをかぶせる。焼き上がったら型に入れたまま粗熱をとり、さらに冷蔵庫で一晩しっかり冷やす。型から外し、あれば粉糖(分量外)をふり、食べやすく切る。

りんごのガトーインビジブル

りんごのガトーインビジブル

おわりに

スパッと切った瞬間、美しすぎる層が現れるとそれだけで感動しちゃいそうですね。生地が見えないほど、薄切りりんごが層になったインビジブル、ぜひ作ってみてくださいね!

リンク先が表示されない方、おいしさのポイントや作り方をより詳しく知りたい方は、レシピ動画が無料で見られる【ゼクシィキッチン】で検索してチェックしよう!(https://zexy-kitchen.net/)

関連記事リンク(外部サイト)

【シェフレシピ②】おしゃれすぎる!美才治さんのフォトジェニレシピ!食べておいしい、見て美しい☆
【シェフレシピ①】おしゃれすぎる!美才治さんのフォトジェニレシピ!食べておいしい、見て美しい☆
ひな祭りのご馳走! ちらし寿司レシピ

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。