ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

乃木坂46齋藤飛鳥からウィンクをもらうためには?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

乃木坂46齋藤飛鳥からウィンクをもらうためには?
J-WAVEで放送中の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、英語初心者である乃木坂46の齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。

4月8日(土)のオンエアは、リスナーからの「握手会で飛鳥さんにウィンクされなかったときに使う英会話は?」という質問から。このリスナーは、握手会で齋藤にウィンクをねだるものの、毎回拒否されているそう。そこで、「英語でどう言えば、ウィングしてもらえるか?」を知りたいようです。

これに対し齋藤は「ウィンクすることも何回かありますよ。ちっちゃい子からのリクエストは割と応えるようにしてて…でもあんまりしないです。気分です、ほとんど(笑)。ちょっと眠かったりしたらしないし、お昼ご飯が美味しくてテンション上がってたらしたり。この人(質問者)には、毎回断ってるんでしょうね…かわいそう」と他人事のようなコメント(笑)。

ちなみに、最近の握手会での齋藤ですが、「今まで朝は目が開いていなかったんですけど、最近、逆に朝は開いてて。お昼ご飯を食べるとまぶたの重みには逆らえません…」とのこと。

さて、「ウィンクをねだる英語」ですが、なかなか表現しにくいみたいですが、ハリーは「上から目線だけど」と前置きしながら次の英語を紹介しました。

「Give it to me baby!」(お願いだからくれ!)

The Offspringの「Give it to me Baby aha aha」でお馴染みのフレーズ「お願いだからくれ!」という言葉。パンチのあるフレーズなので、使用するときは注意が必要ですが、一か八かのときに使ってみるのはアリかも。また、この言葉に応えるためのフレーズも学びました。

「Talk to the hand!」(私の手に話しなさい!)

詳しく説明すると「あなたは私に話すに値してないから、私の手に話しなさい!」という意味だそう。これもパンチのあるフレーズですが、学んだ齋藤は「(握手会で)やりたーい、これ、覚えておこう(笑)」と、とっても喜んでいる様子でした。

コーナー後半は、「日本語でも早口言葉は得意じゃない」という齋藤が「tongue twister(英語の早口言葉)」に挑戦しました!

手始めに日本語の早口言葉「赤パジャマ 青パジャマ 黄パジャマ」に挑戦したのですが、こちらはなんなくクリア。続いて、「生バナナ」連続5回に挑戦したのですが、全然言えていませんでした(笑)。

肝心の早口英語ですが、“レベル1”としてまず次の言葉を学びました。

「She sells seashells by the seashore.」(彼女は海岸で貝殻を売っています)

これを連続で3回。「She」と「Sea」の違いを理解して発音するのがコツですが、齋藤もゆっくりながらこれは3回連続で繰り返すことに成功!

続いて、“レベル2”。

「Peter Piper picked a peck of pickled peppers.」(ピーター・パイパーはたくさんの唐辛子のつけものを拾った)。

これはリズムを取るのが難しいのか、齋藤も苦戦するもなんとか成功! 「難しいけど必死になれるので楽しいかも。楽しみながら勉強になるかも」と齋藤もポジティブな感想を語っていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「POP OF THE WORLD」
放送日時:毎週土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。