ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

振り込め詐欺のビジネスメール版の被害が急増中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
振り込め詐欺のビジネスメール版の被害が急増中

振り込め詐欺はこれまで、高齢者や主婦などいわゆる情報弱者をターゲットにしてきたものが主流でした。しかし、現在増加している「ビジネスメール詐欺」はちょっと違っています。振り込め詐欺のビジネスメール版について、その手口を詳しく見ていきましょう。

振り込め詐欺のビジネスメール版

「BEC(Business EmailCompromise)」とも呼ばれるビジネスメール詐欺は、企業のPCに侵入し従業員を騙すやり方です。詐欺師は企業幹部のメールを乗っ取り、経理担当の社員などに内密に経費の送金を促すメールを送信します。

それに従い入金すると、偽の口座に資金が流れる仕組みです。世界80か国で被害が報告されており、被害額は8,000億円以上ともいわれています。今のところ日本では報告されていませんが、到来するのは時間の問題でしょう。

振り込め詐欺のビジネスメール版は、CEO型と取り引き先型に分類できます。いずれのパターンでも、詐欺師はまず企業のサーバにウイルスを仕込み、メールを盗み見ることからスタートです。

経営陣になりすまして振り込め詐欺

CEO型の振り込め詐欺は、経営陣になりすまして「資金を至急●●まで送って下さい」と送信。取り引き先型の振り込め詐欺は取り引き先になりすまして「送金口座が▲▲に変わりました」と送るのです。

2016年末から被害が多数報告されている「葉山ゆい」の協賛金詐欺は、この振り込め詐欺に少し系統が似ているかもしれません。「はじめまして! ○○(実在する社名)の葉山ゆいと申します!」という文書が会社に届いたら要注意です。

その文書には、パーティーへの参加とビンゴの景品代として協賛金を募る内容が記載。特に悪質なのは女性新入社員を装って土下座する写真まで載せて、かつ3万円という絶妙な価格の電子マネーを要求している点です。さらに「当社社長のサプライズ誕生日会を兼ねる」とあり、無下に断れない上に確認も困難にしています。

関連記事リンク(外部サイト)

迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。