ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スカイラインシリーズの異端児、スカイラインクロスオーバーはユーザーに合わせて姿を変えるカメレオンカーだ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲SUVブームの今だからこそ、埋もれてしまうのは惜しい

▲SUVブームの今だからこそ、埋もれてしまうのは惜しい

様々な要素がクロスした車種

「スカイライン」という車種で思い浮かべるものは? と質問したとき、これほど多岐にわたるイメージが挙がる車も珍しいのではないでしょうか? グループAで常勝を誇ったGT-Rはもちろんのこと、スタイリッシュな2ドアクーペ、ファミリーカーとしても使われた4ドアセダンやハードトップ、仕事のお供として使われたワゴンやバンを思い浮かべる人もいるかもしれません。

そんなスカイラインの歴史の中で、忘れてはいけないのがスカイラインクロスオーバーです。その名のとおりスカイライン史上初のクロスオーバーSUVとして2009年に日本デビューした同車ですが、実は2008年に一足先に海外でデビューしていたインフィニティ・EXをリバッジしたもの。

とはいえプラットフォームはスカイライン(V36型)と同じFR-Lプラットフォームを使用していますし、エンジンやミッションも同じものが搭載されていますから、もはやスカイラインの名前が付く方が自然と言っても過言ではありません。では、そんなスカイラインクロスオーバーがなぜカメレオンカーなのかを説明していきましょう。

日産 スカイラインクロスオーバー(2009~2016年)

▲スカイライン史上初のクロスオーバーSUV

▲スカイライン史上初のクロスオーバーSUV

実はスカイラインクロスオーバーは様々な要素がまさしくクロスしているため、ユーザーの使い方によって姿を変えてくれるのです。では、一体どのように変化するのかを見ていきましょう!

SUV的な使い方もOK

▲これをみると車高の高さがよくわかる1枚

▲これをみると車高の高さがよくわかる1枚

まずはその名のとおり、クロスオーバーSUVとしてセダン比30mmも拡大された最低地上高で、SUVとしての性能を確保。さらにアテーサE-TSと呼ばれる4WDシステムを持ったグレードも用意されているため、四輪駆動がマストな地域でも安心です。

セダンとしても十分対応可能

▲タイプPには高級感あふれる本革シートを採用

▲タイプPには高級感あふれる本革シートを採用

次にベースとなったスカイラインセダン譲りの居住性です。ホイールベースこそセダンより50mm短くなっていますが、元々広いスカイラインからのマイナス50mmはそれほど大きな問題にはなりません。つまり、セダンのように後部座席にゲストを招くようなシチュエーションにも対応可能というわけです。またスカイライン譲りの高級感あふれる内装の仕立ても忘れてはなりません。

ステーションワゴン並みのシートアレンジ

▲荷物を載せるときも簡単、スマートに

▲荷物を載せるときも簡単、スマートに

また、リアシートのアレンジが簡単なのもスカイラインクロスオーバーの美点のひとつ。大きな荷物を積むためにリアシートを倒そうとするときもリモコン操作でワンタッチ。さらに倒したシートを起こすときもボタン操作で電動復帰するので、わざわざ起こしにいく手間もありません。もちろんリアシートをすべて倒せばステーションワゴンに匹敵する荷室スペースが登場します。

スポーティな走りもお任せあれ

▲現行フェアレディZにも搭載されるスポーツエンジン

▲現行フェアレディZにも搭載されるスポーツエンジン

搭載されるエンジンはシリーズ内でも最強のスペックを誇るVQ37VHR型エンジン。330馬力を発生する同エンジンに組み合わされるのはMTモード付の7速ATで、決して軽くないボディを小気味いいシフトアップでグングン引っ張ってくれるのです。またFRレイアウトならではの素直なハンドリングも見逃せないポイントですね。

いかがでしょう。使い方によって様々なタイプの車に変貌するスカイラインクロスオーバーをカメレオンカーと称した理由がお分かりいただけたのではないかと思います。どんな使い方にもマッチする同車がとっても魅力的に見えてきたのではないでしょうか?

そんな同車の狙い目グレードはズバリ「370GT タイプP」です! 基本装備が充実しているので、ベーシックな370GTでも十分満足できるでしょうが、新車価格で500万円クラスだったタイプPが、今では総額200万円以下で狙える状態なのですから狙わないわけにはいきませんよね。SUVブーム全盛の今だからこそ、スカイラインクロスオーバーは自信をもってオススメできる1台ですよ!

全国の総額200万円以下の日産 スカイラインクロスオーバー タイプPを探す▼検索条件日産 スカイラインクロスオーバー タイプP 総額200万円以下text/小鮒康一

photo/日産自動車

関連記事リンク(外部サイト)

全国の総額200万円以下の日産 スカイラインクロスオーバー タイプPを探す

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。