ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

2人目が欲しい!急に焦り出した私はガタガタの基礎体温グラフにあ然とすることに…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20161020201223j:plain

子どもは2歳差で3人欲しいというのが、私の希望でした。

そのため、上の子が1歳を過ぎると私の中で子作りを意識するようになりました。

しかし、そう簡単に妊娠できるわけではなく、あっという間に数ヵ月が経過。

主人はあまり乗り気ではなく、仕事が多忙な時期でした。

「このままでは2歳差で2人目を産めない!それどころかもう妊娠できないのかも!」と一気に焦りを抱いてしまい、人生初の基礎体温を測定してみることにしました。

排卵日がわかれば、非協力的な夫でも上手くやれば妊娠できる確率は上がるはず!なんて簡単に考えていたのです。

基礎体温は、毎朝目が覚めたら起き上がる前の舌下体温を測定します。

寝ぼけて起き上がってしまったり、うっかり測定し忘れた日もありましたが、なんとか頑張りやっとひと月分のグラフが完成したとき…思わず絶句してしまいました。

正常な基礎体温グラフはきれいな二層になるはずですが、私のグラフは見事にガタガタなのです。

ショックでしたが、落ち込んでいる暇はありません。

私の基礎体温グラフは「体の冷え」が原因なのではないかと思い、それから冷え対策の生活改善が始まったのです。

冬場でも薄着・冷たい飲み物大好きの生活から、暖かい季節でも靴下を履き、温かい飲み物を飲むようにしました。

腰回りを冷やさないよう寝る前にはホットパックをお腹周りに当て、寒くなってくると日中もカイロを貼り、徹底的に体を温めました。 関連記事:「“排卵日に合わせて仕方なく”はやめよう」と話していたのに…妊活ストレスで離婚危機に

妊活に良いというサプリメントを飲み、食生活はバランスの取れた和食へ改善。朝からしっかりお味噌汁を食べるようにしました。

身近なことで良いとされることは何でも行い、体温測定を継続した結果、2ヵ月ほどでグラフが安定してきたのです。

きれいな二層のグラフとまではいきませんが、排卵日を特定できるまでになりました。

排卵日さえわかればあとは時間の問題だと思いました。

上手くやればそのうち妊娠できるはず!

しかし、その日に必ずしも夫婦生活が行えるわけではなく、仕事が多忙な主人は協力的ではありませんでした。

夫婦の気持ちが一致していなかったのです。

ガッカリでしたが、やはり妊娠は計算で成り立つものではないと痛感させられました。

自分なりに妊活を始めて半年が経過。

2歳差で授かるにはタイムリミットが迫っていましたが、もう焦らずにコウノトリを待つことに。

健康のため冷え対策は続けましたが、基礎体温測定はやめました。

「不妊治療に励む人も多い中、一人授かることができただけでも十分幸せ。自分の欲で今の環境を壊してはいけない」

そう思うことで、私は救われました。

毎朝体温測定にドキドキし、徹底した食事とサプリメント管理、排卵日が近づけば主人の機嫌を伺う日々…そういう緊張した生活から解放され、すごく楽になったのを覚えています。

しかし、気楽な生活を始めた2ヵ月後、コウノトリはやってきたのです。

期待していなかった妊娠に驚かされました。

「不妊治療や妊活をやめた途端に妊娠する」という話は聞いたことがありましたが、まさにこのことでした。

自然に赤ちゃんを授かりたいと思っていた主人も大喜び。

妊娠経過は至って順調で、ホルモンバランスが取れていたこともあるのか、特にマイナートラブルもなく元気に産まれてきてくれました。

必死で頑張った基礎体温測定は数値に踊らされてしまいましたが、現に妊娠もでき、体の調子が良くなったことは確かです。

日々の生活や健康を見直す機会として今後もたまに測定していこうと思います。 関連記事:旦那も納得。基礎体温をつけて調べた排卵日当日よりも、妊娠しやすい日があった!

著者:mencochan

年齢:30代

子どもの年齢:3歳と5歳

2歳差の自由気ままな男の子と女の子を育てています。怒りっぽい性格なので、”日頃から平常心・怒る前に深呼吸”を心がけて育児をしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

赤ちゃんが来た!とわかったその瞬間。不思議でした。
早く妊娠したくて。
奇跡の妊娠

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。