ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

TRI、中国TCLと提携して$1.099からのAndroidスマートフォン「Turing Phone Appassionator」を開発

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ロボット製造企業 Turing Robotic Industries(TRI)が中国のスマートフォンメーカー TCL Communication と提携して、新しい Anroid スマートフォン 「Turing Phone Appassionator」を開発すると発表しました。Turing Phone とは 2016 年 7 月に第一弾が発売された TRI のスマートフォンシリーズのことで、エンド・ツー・エンドの暗号化機能を搭載しており、通話・通信の秘匿性で普通のスマートフォンよりも安全だと言われています。今回の提携を通じて TRI は、「世界で初めて量産型の液体モリブデン合金(Liquidmorphium)を使用したスマートフォン」を開発することを明らかにしました。これは、「Turing Phone Appassionato」と呼ばれる Android スマートフォンで、Android 7.1.1 Nougat と Snapdragon 821 プロセッサを搭載しています。Appassionato は外装にこだわっており、液体モリブデン合金を使用しただけではなく、セラミックの質感を再現する表面加工を施した “ダイヤモンドライクカーボンコーティング(DLC)” も導入しています。さらに、AI 技術を活用した独自のコンシェルジュ機能も搭載しているそうです。Appassionato は製品グレードによって 2 機種存在します。スタンダードモデルの Appassionato PX8 とプレミアムモデルの「Appassionato GX8」です。価格は $1.099 ~ で、9 月まで発売されると言われています。Source : PRNewsWire

■関連記事
Huawei Mate 9の販売台数が早くも500万台を突破
Android Payが一部の銀行アプリに統合
Galaxy S8上でゲームキューブエミュレーター「Dolphin」がスムーズに動作

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。