体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この食感は革命的……福井の知られざるお菓子「羽二重シュー」を取り寄せたらほっぺたが落ちた

f:id:naruse_e:20170221193055j:plain

こんにちは。メシ通レポーターの大矢です。現在東京在住の私ですが、以前は仕事の関係で夫とともに各地を点々としておりました。某県民番組の某夫妻みたいに。で、2014年の11月まで2年ほど暮らしたのが、福井。

皆さん、福井ってどんなイメージがありますか?

「あ、東北地方だっけ?」

「北陸新幹線で早く行けるようになったんだよね!」

「へー……(情報を持ち合わせていない)」

以上、全部実際に私が言われたことのある言葉です。えっと、ツッコミどころだらけ! 地理を勉強するところから出直してください!

f:id:naruse_e:20170221193118j:plain

ココです! ココが福井県です!(※画力もツッコミどころだらけだけども!)北陸3県「富山・石川・福井」のうちのひとつ! 北陸新幹線はいずれ通る予定ですけど、まだ隣の石川県・金沢駅までしか開通していません!

福井県は南北で「嶺北地方」と「嶺南地方」に分かれていまして、方言も文化も違うんです。冬はそこそこ寒いし雪もめっちゃ積もりますけど、「幸福度日本一」になるくらい、住みやすいし働きやすいし、食べ物もおいしいし、いいところなんです。詳しくはウィキってください!

で、福井の銘菓も数あるのですが、代表的なものが「羽二重餅」(はぶたえもち)。どんなものかというと、こんなお菓子です。

f:id:naruse_e:20170221193144j:plain

おそらくどの地域の方にもわかるように説明すると、「求肥」のようなもの。砂糖と水あめ、餅粉などからできています。「羽二重」というのは絹織物の一種のことで、もともと絹織物の生産が盛んだった福井の名産物にちなんで作られた、歴史のある銘菓なのです。

すべすべの絹のような手ざわり。食べてみると……、

f:id:naruse_e:20170221193159j:plain

優しい。

優しいです。味も口あたりも。なめらかでもちっとしていて、上品ですうっと溶けるような。緑茶に合う。でも、おそらく皆さん想像通りの味なんですよね。特にあんこが入っているわけでもないので(※あん入りの「羽二重餅」もあります)。というわけで、今回はちょっと変化球の銘菓をご紹介したいのです。その名も、

「羽二重シュー」

なんだかよくわからないですけど、要するに「『羽二重餅』みたいな食感のシュークリーム」なんです。

私が初めて食べたのは福井に住んでいたころ、たまたま取材したのがきっかけだったのですが、「なにこれ、うまっ!」と思って、翌日にもう1回買いに行って、その次は友人宅のおみやげに持って行ったくらいでしたからね!

そうしたら、製造元の「西洋菓子倶楽部」の 公式サイト などから取り寄せ可能だというじゃないですか! 懐かしいのでさっそく取り寄せてみました。

f:id:naruse_e:20170221193240j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会