ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

通話の受発信に特化した手のひらサイズの携帯電話「The Light Phone」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

受発信のみ可能なシンプルな携帯電話「The Light Phone」近年、日本でも、スマートフォンの普及がすすみ、総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、2015年時点で、スマートフォンを保有する個人の割合は53.1%にのぼる。

その一方で、ソーシャルメディアネットワークへの投稿やニュースサイトの閲覧、オンラインゲームなどに夢中になるあまり、スマートフォンに過度に依存し、心身に影響を及ぼすケースも少なからず存在するという。

そこで、米ニューヨーク市ブルックリンで2014年から開発がすすめられてきた“スマホ時代のアンチテーゼ”ともいえるモバイル端末が「The Light Phone(ザ・ライト・フォン)」だ。

・クレジットカードサイズのシンプルな携帯電話

「The Light Phone」の黒バージョン「The Light Phone」は、縦8.56センチ、横5.4センチ、薄さ4ミリのクレジットカードサイズで、電話の受発信のみができるシンプルな機能が特徴。

既存の電話番号を利用でき、着信をスマートフォンに転送することも可能だという。

2015年には、キックスターターでクラウドファンディングを実施し、41万5,127ドル(約4,595万円)を調達したことでも話題となった。

「The Light Phone」は、現在、黒と白の二色で展開しており、公式ウェブサイトにおいて、150ドル(約1万6,605円)で先行販売している。

・“第二のモバイル端末”として需要あり!?

通話機能のみのシンプルな携帯電話ブランドとしては、ユーザーがデザインをカスタマイズできる英国の「OwnFone」も知られているが、「The Light Phone」は、財布に収納できる軽量薄型なミニマルデザインが魅力。

受発信のみというシンプルすぎる機能ゆえ、多くの現代人に欠かせない存在となっているスマートフォンを代替する手段としては現実的ではないかもしれないが、補完的な“第二のモバイル”として「The Light Phone」は十分な需要が期待されている。

The Light Phone

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。