ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

美しいだけじゃない!極上の音響体験を提供するモジュール式スピーカー「BeoSound Shape」が新しい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
beosoundshape_new_1スタイリッシュかつ機能性に富んだ音楽機器で注目の「Bang & Olufsen」。インテリア性を重視したお洒落なデザインも、特長の一つだ。

そんな同社の新作は、壁に取り付けられるモジュール式ワイヤレススピーカー「BeoSound Shape」。六角形のタイルを異なるパターンやサイズでつないで作る、見た目も美しいサウンドシステムだ。

・独自のアルゴリズムで未知の音響体験を提供

beosoundshape_new_2「BeoSound Shape」は、単なるスピーカーではない。最大44個の個別スピーカーによって、豊かで高音質なデジタル音楽を再生する、完全なワイヤレススピーカーシステムだ。

従来のように、1か所の固定位置でサウンドを最適化する手法ではなく、スピーカーに巧みに信号を分配する、独自のアップミックスアルゴリズムを採用。まるでライブ会場にいるような、臨場感あふれるサウンドを体験できる。

システムの中心には、最先端のコア接続ハブがあり、Bluetooth経由でChromecastやApple AirPlayなどから、音楽を直接ストリーミングすることもできる。

・部屋に合わせて自由にカスタマイズ

beosoundshape_new_4何と言っても面白いのは、システム自体を自由にカスタマイズできるところ。各タイルは、スピーカー、アンプまたはアコースティックダンパーのいずれかの機能を持ち、無限の組み合わせが可能。部屋の雰囲気や用途に合わせて、多彩なデザインを構築できる。

スピーカーとして利用しないときは、ダンパーの役割を果たす。ショックアブソーバーとして、建物の振動や余分な音響を吸収。わざわざ静音設計にしなくても、室内の音響問題を簡単に解決してくれる。

「BeoSound Shape」は、8月にBang&Olufsenの店舗で販売予定。価格はサイズ、音響性能、ファブリックの種類によって異なるが、標準設定の場合は約4000ドル(約44万円)になるとのこと。

BeoSound Shape

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。