ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

リボンを一緒に編み込んだ編み込みスタイル。デートやイベント、特別な日にピッタリ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
リボンを一緒に編み込んだ編み込みスタイル。デートやイベント、特別な日にピッタリ

難しそう?編み込みができれば作れちゃうリボン編み込みを紹介!

リボンを一緒に編み込んだリボン編み込みを紹介します。編み込みさえできれば簡単にできるので、洋服に合わせて好きなリボンを選んで、かわいく華やかにお出掛けしてみてください。

所どころに見えるリボンがチャームポイント♪作り方スタート

① 編み込みを作るために、トップの毛束を3つに分けます。
② 3つに分けたうち、真ん中の毛束の中間をゴムで結び、その真ん中を分けて穴を空けてリボンを通します。
③ ②の毛束の毛先を2つに分け左右に引っ張り、ゴムとリボンを根元にもっていきます。これでリボンの入った毛束1つと、普通の毛束が2つ、合わせて3つの束ができ上がりました。
④ そのまま3本の毛束を編み込んでいきます。写真は表編み込みですが、表編み込みでも裏編み込みでもOK! なるべくリボンが表面に出るように編み込んでください。
⑤ 毛先まで編み込んでから、リボンごと毛先をゴムで結びます。
⑥ リボンをかわいく結び、完成!

毛先をまとめたり、編み込みのパターンを変えたり、変幻自在です

写真の左のように、毛先をくるっとまとめてもかわいくなります。編み込んだ毛先から編み込みを左襟足へ、時計回りに巻き付けてピンで留めるだけです。
編み込みには色々なパターンがありますが、どんな編み込みにも応用できます。リボンの色を変えたりして楽しんでください!
写真右のモデルさんは裏編み込み、写真真ん中のウィッグは表編み込み。どちらもかわいいですね。

美容師/小林和朗(Hair Design stylee)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。