ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

体の不調が解消できる「15秒背骨体操」って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

体の不調が解消できる「15秒背骨体操」って?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。4月12日(水)のオンエアでは、体の不調に大きな影響を与える「背骨」について注目。不調を解消するための「15秒背骨体操」を、 アピア均整院の松岡博子さんに伺いました!

多くの治療実績があり、著書『1日1分!骨盤ゴロ寝ダイエット』など10万部以上のヒットを持つ松岡さんは、体と骨のスペシャリストです。人間のさまざまな不調は歪みやコリとなって背骨に出る、逆に背骨を整えることで不調を解消していく、その簡単な方法が、松岡さんが考案した「15秒背骨体操」です。

松岡さんによると、自立神経は全部、背骨の脇から出ていて、手足や皮膚から、内蔵などの諸器官まで全て支配しています。だから背骨が曲がると「腰が痛い」「肩が痛い」といった症状が出るのに加え、「糖尿病」「胃が悪い」「目が痛い」なども背骨のかたちに歪みとして出るのだそうです。

特に背骨が前後に動かず固くなり、まっすぐ棒状になっている状態が現代人の特徴で、自然に背骨が湾曲し頭を支えるバランスを保つ「生理的湾曲」を整えることが必要。そこで、“固くなった背骨”を解消する「15秒背骨体操」を教えて頂きました!

1. まず首が前に来やすいか、後ろに来やすいかを確認します。足を腰幅に開いて立ち、首を前と後に倒して倒しやすい方を見つけます。
2. 気をつけをした形で、手を天井に向け「首が前に倒しやすい人」は手のひらを天井に、「後ろに倒しやすい人」は手の甲を天井側に組みます。
3. 組んだ手を伸ばし、5秒使って大きく息を吸いながら、手を体も天井に引っ張られるように思いっきり伸ばします。
4. 伸ばしきったところで、息を止めて体勢キープして8秒間頑張ります。
5. 8秒たったら思いっきり脱力。一気に息をはきながら手をほどいて体中の力を抜いてください。1秒くらいじっとしているのが体に刺激を浸透させるコツです。

別所も早速試してみて「体がサーッと暖かくなった」とコメント。背骨の生理的湾曲を妨げているのは筋肉の緊張。背中側とお腹側、どちらの筋肉が緊張しているかをまず知り、緊張しているほうを緩める体操をしましょう。15秒を1日2回、毎日手軽に続けることが大事です。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。