体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ、ドラッカーは「決定には勇気が必要」と言ったのか?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第7回の今回は、「意思決定に対する考え方」についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:tany_tanimoto:20170404130644j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日は、下記名言解説の2回目となります。

【本日の名言】

「決定の準備は整った。しかし、決定の多くが行方不明になるのがここである。決定が愉快でなく、評判もよくなく、容易でないことが急に明らかになる。とうとうここで、決定には判断と同じくらい勇気が必要であることが明らかになる。薬は苦いとは限らないが、一般的に良薬は苦い」

(P・F・ドラッカー『経営者の条件』)

前回は、名言の意味について解説した上で、「決定」と「決断」は別ものであること、これらを下すには勇気がいることなどをお話しました。

一般に、会社において万全な状態で下せる決定というのは比較的少ないでしょう。たいていは不十分な環境下で決めなければならない、ということの方が多いものです。だったら、体制が万全ならば決定がしやすいのかと言うと、そういうワケでもありません。「決定の準備が整った」状態というのは不安要素も明確になっているため、むしろ決定しづらくなっていることも多いのです。

反対者のいない提案は「良い提案」とは言えない

通常、ビジネスパーソンが下す決定とは、変革や革新に関することではなく、もっぱら「改善」に関することが大半だと、ドラッカー氏は言います。その内容は多くの場合、「行動しなくても生き延びることはできる」けれど、「行動すれば状況が良くなる」といった類のものです。一方で、自分の人生やキャリアに大きく影響を及ぼすような「決定」を必要とする機会も、いずれ来るかもしれないのです。

このようなときの意思決定をする際に、判断材料となるのが「行動した場合としなかった場合の犠牲とリスクを比較する」ことだと氏は述べています。その際の判断基準とは、以下のようなものです。

「第一に、得るものが犠牲やリスクを大幅に上回るならば行動しなければならない。第二に、行動するかしないかいずれかにしなければならない」(『経営者の条件』)

往々にして、人は「変わる」よりも「そのままでいる」ことの方を好みます。

昨日生きていた事実から、「昨日と同じままでいれば今日も無事に生きられるという可能性が高い」とDNAに日々記録されているようなものだからです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。