ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

おばあちゃんこそ元祖スピ女!? 『おばあちゃんの知恵袋』に載っていた塩リンスで美髪と邪気払い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
120217hair.jpg

先日、友人から塩リンスをしているという話を聞きました。
何かの儀式かおまじないかと思ったら、美容院で頭皮の皮脂を指摘されたので髪の健康のためにしているとのこと。
何でも『おばあちゃんの知恵袋』(宝島社)とういう本に載っていた美容方法だというので、私も早速試してみることにしました。
準備するものは塩。粒子の細かい塩の方が適しています。
普通にシャンプーした後、お湯をはった洗面器に塩大さじ1〜2杯程度入れます。これを頭からかぶり、あとはお湯でよくすすぐだけ。
軽く塩で頭皮をマッサージしてもスッキリして気持ちが良いです。しかし、くれぐれも頭皮はこすらないとのことなのでご注意ください。
個人差があると思いますが、洗い上がりは特にパサつきもなく、カラーリングの髪にも問題ありませんでした。
 
私はシャンプーを使いましたが、「塩洗髪」といって塩のみで頭皮や髪を洗う方法もあるようです。
何かと話題のシリコンや界面活性剤などが気になるという方は、ぜひ「塩」を使った無添加洗髪法を試してみてください。
しかしこの塩リンスの方法、何だか髪をお清めしているような感覚! 最近よく耳にする「邪気払い」のイメージにとても近いのです。
盛り塩や塩を撒くなど、日本では昔からお清めとして馴染み深いですが、古来から塩は浄化や邪気払いのために使われてきました。ヨーロッパでは魔除けとして使われることが多いようです。
髪は1番外気に触れるものなので、悪い気も多く溜まっていそう……。塩リンスをすることでそんな邪気を払えるとしたら素敵です!
もしかしたら、髪の健康と邪気払いが同時にできる方法を考えたおばあちゃん世代は、元祖スピ女と言えるかもしれません。
そう言えば今年の初詣に出雲大社に参拝に行った私に、祖母が「氏神さまにはちゃんと参ったの?」と聞きました。「ううん」と答えると、「それでは氏神さまが嫉妬するから早く参りに行きなさい」と言われました。
お盆やお正月、命日にも必ずお墓参りに行く祖母ですが、まるで今どきのスピ女のような知識に少し驚きました。
もしかしたら「スピ」というのは、毎朝仏壇を拝み、近くの氏神さまを大切にし、お地蔵さんにお供えをするような、信心深い田舎のおばあちゃんの生活の中にこそ生きているものかしれませんね。
(高松志帆)


(マイスピ)記事関連リンク
「振袖火事」に「呪いの書物」…妄執の宿った不用品の処分にはご用心!?
洗面所で化粧をしてはダメ!? 『やってはいけない風水』を知って幸運体質に変わろう
インテリア×鉱物! 石の新しい可能性を感じさせるフジイキョウコさんの『鉱物見タテ図鑑 鉱物アソビの博物学』

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。