体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電車・バスで都内穴場デート。インスタジェニックな絶景スポットに行きたい

電車・バスで都内穴場デート。インスタジェニックな絶景スポットに行きたい 世界貿易センタービル展望台シーサイド・トップ

都内には四季折々の景観を楽しめるスポットがたくさんあります。ビルや街並みを一望できる穴場や幻想的な夜景を味わえるのも、東京ならではの楽しみです。今回紹介するのは、気軽に行けるのに絶景・穴場なスポットばかり。ショッピングやカフェでのデートとはまた違った楽しみ方ができるハズ。

デート中は、カメラアプリをオンにしておくのを忘れずに。写真好きの本格派も満足でき、インスタ映えするフォトジェニックな場所ばかりです。

東京ゲートブリッジ

大パノラマを楽しむ海上絶景散策

東京ゲートブリッジ

東京ゲートブリッジ自体もフォトジェニックな造形

東京ゲートブリッジは、2012年に開通した東京湾の中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ恐竜のようなチャーミングな形をした橋です。車道の他に歩道があり、歩行者は通行できますが、自転車は通れませんので、ゆったりと歩きながら絶景を楽しむことができます。東京ゲートブリッジからの景色

海面と空の青さを感じる歩道からの景色

絶景スポット

歩道部は最も高いところで海面から約60mの高さにあり、海の上を歩いているようなワクワク感を味わうことができます。見渡す限りの大パノラマが広がっていて、東京湾はもちろん、房総半島の山々や2大タワー(東京タワー&スカイツリー)も見渡せます。また、近くにある羽田空港から飛行機が飛び立つ姿も見えます。海上絶景散策を楽しめる穴場スポットです。 東京ゲートブリッジ

住所/東京都江東区若洲

定休日/毎月の第3火曜日、12月第1火曜日※該当日が祝日の場合はその翌日(歩道部分、車道は通行可)

アクセス/新木場駅から都バス「木11系統」で若洲キャンプ場行き終点「若洲キャンプ場前」/15分

「東京ゲートブリッジ」の詳細はこちら

六義園

庭園と池畔の景観を楽しむ和情緒デート

六義園

紅葉の季節にはライトアップも

六義園(りくぎえん)は、江戸時代に五代将軍・徳川綱吉の御用人として使えた柳沢吉保が古今集や万葉集などの和歌をテーマに造営した庭園です。文化財保護法により「芸術・観賞上価値の高い庭園」として指定された「特別名勝」です。一周30分ほどでまわれる庭園ですが、園内には大芝生や築山「藤代峠」、春はしだれ桜、初夏はツツジ、秋は紅葉など季節ごとに楽しめる樹木があり、随所で眺望を楽しめます。六義園

水面に反射する木々の色合いが映える

絶景スポット

(写真がきれいに撮れそうなところ、眺望の良いところ)

園の中央には「大泉水」という池があり、池に浮かぶ「中の島」には「妹山(いもやま)・背山(せやま)」と呼ばれる築山があります。「妹山」は女性、「背山」は男性のことを指し、和歌の歌枕をイメージして作られています。情緒ある景観は撮影はもちろん、デートにもぴったり。「中の島」や池畔に映る木々をふたりで静かに眺めつつ、ゆったりと贅沢な時間を過ごせます。 六義園

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会