体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶対に負けられない六本木個室デートなら「御曹司きよやす邸」で間違いなし

絶対に負けられない六本木個室デートなら「御曹司きよやす邸」で間違いなし お造り

接待に使われる和食の名店。東京・六本木や銀座にはそんな名店と呼ばれるお店がたくさんあります。

「自分には関係のないお店」「なんだかよくわからないビジネスの話をおじさん同士でするお店」というイメージを持っているような方も少なくないはず。

しかし実は接待に使われるような名店ほど、デートに向いています。デートを入れたい休日夜などのタイミングでも比較的予約を取りやすいですし、料理もハズれがない。知る人ぞ知る穴場です。個室であるのはもちろんながら、料理もお酒も外さない、ちょっぴり背伸びした大人なデートにぴったりの場所と言えます。

六本木の個室はおじさんたちだけのものだなんて冗談じゃありません。今回は数ある接待の名店の中から、選び抜いた個室デートの新鉄板、六本木「御曹司きよやす邸」を取り上げます。

意外にも、若い人にも向く、特別な日のデートにぴったりのお店でした。

接待だけじゃもったいない、個室デートに「御曹司きよやす邸」

六本木交差点から東へ数分歩いたところにひっそりとたたずむ「御曹司きよやす邸」の入り口。

御曹司きよやす邸

のれんが垂れ下がった外観は一見では入りづらく思ってしまうほど。

御曹司きよやす邸

階段を降りていきましょう。階段の先には日本庭園風に彩られた玄関がお出迎え。否が応でも期待が高まります。

御曹司きよやす邸

玄関からつづく廊下には池が出現!

植え込みは毎週手入れがなされており、魚が泳いでいます。なかなかデートでこういう場所に来る機会もありませんから部屋に入る前からテンションが上がってしまいます。

御曹司きよやす邸

個室に入ります。さまざまなタイプの個室があります。

御曹司きよやす邸

こちらはオーソドックスなタイプのお部屋。カウンターのお席もありますが、基本的には個室に通されますのでデートにぴったり。

御曹司きよやす邸

すべての部屋が掘りごたつになっているのも特徴のひとつ。

御曹司きよやす邸
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。