ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】653,032枚を売り上げた欅坂46「不協和音」、ダウンロードとTwitter含む4冠で総合首位獲得

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】653,032枚を売り上げた欅坂46「不協和音」、ダウンロードとTwitter含む4冠で総合首位獲得

 NHK『SONGS』など地上波を中心としたメディア大量露出が後押しとなって、シングル・リリース前から高く注目されていた欅坂46「不協和音」。シングルで653,032枚を売り上げて1位、同じくルックアップ、ダウンロード、Twitterで1位となり、合計4冠でJAPAN HOT100総合首位を獲得した。アイドルの楽曲ではダウンロードが苦戦するのがよくあるパターンだが、欅坂はダウンロードも強く、今週だと「不協和音」1位、「W-KEYAKIZAKAの詩」20位、「サイレントマジョリティー」23位などマークしていて、そのパターンを打ち破る展開をみせている。動画再生では「不協和音」4位、「サイレントマジョリティー」9位、「二人セゾン」28位と、旧タイトル含めて強さを発揮、それがストリーミング(2位)やダウンロード、ラジオ(4位)に波及、しかもアイドルらしくパッケージ・セールスが強いという盤石の総合首位獲得となった。

 今週は洋楽が20位圏内に3曲もチャート・インする珍しい展開に。それぞれ様相が少しずつ異なっていて、エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」は、ストリーミング1位、動画5位、ラジオ11位のポイントが総合ポイントを牽引して総合7位への躍進。オースティン・マホーン「ダーティ・ワーク」は、ダウンロード5位、動画8位、ストリーミング8位が牽引して総合9位。チェインスモーカーズ & コールドプレイ「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」は、ラジオ1位、ストリーミング13位が牽引して総合11位にジャンプ・アップする展開で、各曲ともに顧客層が微妙に異なることが良く分かる。

 今週からストリーミング・データにKKBOXが加わった。これにより大きな順位の変動は今週のところはみられないが、引き続き国内唯一の総合チャートとして、ビルボードはチャートの網羅性の向上に努めていく。

◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「不協和音」欅坂46
2位「HAPPY PARTY TRAIN」Aqours
3位「インフルエンサー」乃木坂46
4位「恋」星野源
5位「出会いあいして」MYNAME
6位「ようこそジャパリパークへ」どうぶつビスケッツ×PPP
7位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
8位「やってみよう」WANIMA
9位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーン
10位「バグっていいじゃん」HKT48
11位「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」チェインスモーカーズ & コールドプレイ
12位「HAPPY」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
13位「サイレントマジョリティー」欅坂46
14位「TOKYO GIRL」Perfume
15位「はやく逢いたい」Dream Ami
16位「ヤバみ」ヤバイTシャツ屋さん
17位「良すた」きゃりーぱみゅぱみゅ
18位「見たこともない景色」菅田将暉
19位「ROCK THA TOWN」Sexy Zone
20位「この闇を照らす光のむこうに」Anly+スキマスイッチ=

関連記事リンク(外部サイト)

4月17日付 Billboard Japan HOT 100
【ビルボード】欅坂46『不協和音』首位独走を維持、653,032枚を売り上げシングル・セールス1位
欅坂46、1年間の集大成と再スタートのアニバーサリーライブ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。