ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

防弾少年団、米Billboardのコラムニストが“アメリカでの成功の秘訣”を語る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
防弾少年団、米Billboardのコラムニストが“アメリカでの成功の秘訣”を語る

現在40万人を動員する世界ツアーを敢行中で、先日、南米・北米ツアーを成功させたばかりの防弾少年団(BTS)。昨年リリースのアルバム「WINGS」がBillboardのアルバムランキング“Billboard 200”にて26位を獲得し、韓国アーティストとして初の記録を樹立。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで全世界を席巻している防弾少年団について、米BillboardのK-popコラムを執筆しているTamar Hermanのインタビューが公開された。

Tamar Herman氏 インタビュー
―アメリカでK-POPが注目されたのはいつごろから?
Tamar Herman:K-popが盛り上がり始めたのは、YouTubeやSNSによって韓国のコンテンツにアクセスし易くなった2008〜2009年頃のことです。K-pop産業や音楽について知っている人は以前からいましたが、K-popと韓流が相まって、特にTVドラマなどが流行り始めたのがこの頃です。韓国のカルチャーに特化したニュースサイトなどはあったものの、この頃からメインストリームのメディアも採り上げるようになりました。

―そんな中、昨年10月に防弾少年団(BTS)が韓国アーティストとして初めてBillboard200で26位を獲得しました。
Tamar Herman:BTSの成功は、作品ごとに少しずつ積み上げられたもので、「Blood Sweat & Tears」が出てきた時は、チャート上位に入らない筈がないと思われるまでになっていました。実際に26位にランクインしたのは驚くべきことで、BTSや他の韓国アーティストたちがアメリカでファンベースを築こうと長年努力してきた結果だと思います。
BTSは幾度にもわたってファンのお蔭だと公言していますし、私もその通りだと思います。それまでも韓国からは素晴らしい歌の数々が出てきていましたが、アメリカのファンの規模がそれほど大きくなかったのです。現在では、K-popアーティストはBillboardチャートに頻繁に登場するようになりました。多くのアーティストにとって、Billboardは今でもランクインが難しいチャートではありますが、『WINGS』は多くのK-popファンの共感を呼び、それが26位にまで押し上げたのです。

―今回のツアーでは、南米・北米を合わせて9公演14万人を動員。BTSの魅力はどこにあると思いますか。
Tamar Herman:コンセプトやリアルな歌詞に徹底的に拘っているところと、パフォーマンスのカリスマ性ではないでしょうか。BTSは初めから自らをK-pop界の反逆者(rebel)として位置付けていて、他のアーティストが滅多に触れないような題材について歌っていましたし、まだ韓国で人気が出る前の様々な最先端の音楽スタイルを他のアーティストに先駆けて採り入れていました。それと審美的に美しいミュージック・ビデオとが相まって、K-popの通常の枠を超えているのだと思います。

―どのように受け入れられているのでしょう。
Tamar Herman:BTSがアメリカのK-popのシーンにおいて、ここまで早く主力アーティストになれたのは魅力的なことで、タイミングや場所が最適だったこともあると思います。もっとキャリアや知名度のあるアーティストが兵役でシーンを離れたり、新譜が出るまで時間を要している中で、BTSの質の高い素晴らしい作品は、K-popの次の大物を探しているファンにとって完璧なものだったのです。
ほかのボーイズ・グループと同様に、80年代以降に生まれたデジタル世代の女性のファンが多いですが、同じ世代の男性も確かに多くいます。人種的には非常に多様です。

―俳優のラッセル・クロウがカイリー・ロジャーズにBTSのチケットをプレゼントしたと話題ですが。
Tamar Herman:その他にも、ティナーシェ、ケラーニ、チャーリー・プースなどが、BTSのことをTwitterで知った後で口にしていましたよ。

―防弾少年団の今後について
Tamar Herman:英語圏以外の音楽がアメリカにおいてメインストリームに入り込むのは非常に珍しいことなので、今後どうなるかはわかりません。でも、BTSは短期間で本当に多くのことを達成しているので、未来はわかりませんよ!

関連リンク

防弾少年団(BTS)公式サイトhttps://bts-official.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。